イーロン・マスク氏、Twitterのスタッフを75%解雇するつもりはないと答える

スポンサーリンク

Elon Musk(イーロン・マスク)氏は、10月26日にTwitter(ツイッター)の従業員に対して、彼が会社を引き継ぐ際に75%のスタッフを解雇するつもりはないと話したと、“関係者”からの話としてBloombergが報じている。

先週には、Musk氏がTwitterを買収した際に、従業員の75%を解雇することを計画していることが報じられたが、同氏はTwitterのサンフランシスコオフィスで従業員を前に演説した際、以前報道された数字を否定したとのことだ。

同氏は、どういう意図からか、“Let that sink in!”というキャプションとともに、会議の前に洗面台を持ってTwitter本社に歩いてくる自身の動画を投稿している

とはいえ、同氏は解雇を白紙撤回したわけではない。75%と言う誇張された数字ではないだろうが、ある程度の人員削減はやむなしと考えているようで、さりげなく解雇についても言及している。しかし、Twitterのスタッフの75%、つまり約5,600人を辞めさせるということは、ソーシャルメディア企業を機能不全に陥らせる愚策だろう。

Twitterの従業員は、買収の一環として予想される人員削減について、今も不安を抱いているという。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA