X(旧Twitter)、新規ユーザーに年間1ドルの課金を開始

masapoco
投稿日 2023年10月18日 8:11
x twitter

Elon Muskの「X」(旧Twitter)がユーザー全員に購読料を課すという願望が、現実への第一歩を踏み出した。同プラットフォームは現在、ニュージーランドとフィリピンの新規ユーザーに年会費1ドルを課す “not a bot “と呼ばれるモデルを展開している。

Musk氏がXのボット問題に対処するため、Xユーザーに少額の利用料を課すことを検討している事が先月伝えられたが、今回、Fortune誌が最初に報じたところによると、同社はニュージーランドとフィリピンのユーザーに対し、Xのウェブ版でのツイート、返信、引用、ブックマーク機能に対して年間1ドルの課金を開始するとのことだ。これらの変更が最終的にアプリにも適用されるかどうかは不明だ。

料金を支払いたくない新規ユーザーは、投稿を読んだり、動画を見たり、他人をフォローしたりといった「読むだけ」のアクションに制限される。

本日より、ニュージーランドとフィリピンで新しいプログラム(Not A Bot)をテストしています。新規の未認証アカウントは、投稿や他の投稿とのやり取りを行うために、年間1ドルのサブスクリプションにサインアップする必要があります。このテストでは、既存のユーザーは影響を受けません。 この新しいテストは、すでに成功しているスパム、プラットフォームの操作、ボット活動を減らす努力を強化するために開発されました。これは利益を上げるためのものではありません。 また、これまでのところ、サブスクリプション・オプションは、規模に応じて機能する主なソリューションであることが証明されています。

Musk氏は9月、イスラエルのBenjamin Netanyahu首相とのライブストリーミングでの会話の中で、Xユーザーに「少額の月払い」と称する料金を課したいという希望を語った。彼は、ボット作成者が別のボットを作るたびに料金を支払わされることは抑止力になると述べた。

「ボットのコストは1ペニー(1ペニーの10分の1)だが、たとえ数ドルか何かを支払わなければならないとしても、ボットの実効コストは非常に高い」とMusk氏は当時説明した。

この料金がいつ他の国にも拡大されるのか、あるいは拡大されるのかについては不明だが、広く展開されることは間違いなさそうだ。

Xの現在の有料サブスクリプションであるXプレミアムは、青いチェックマーク(非表示にできる)や投稿の編集機能などの追加特典を提供している。月額980円(ウェブ版)、Android版とiOS版は月額1,380円から。購読者は、広告の数が半分になり、検索での順位が優先され、より長い記事を書くことができるようになる。しかし、Xプレミアムに加入しているユーザーは100万人以下と推定されている。

XとMusk氏は、この新料金はボット問題に対処するためであり、単なる追加収入源ではないと主張しているが、億万長者がこのサービスを引き継いで以来、サービスから撤退した広告主の数により、広告収入は60%減少している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Glass Detail
    次の記事

    Microsoftが示すストレージの未来形「Project Silica」はガラスプレートに1万年間のデータ保存を可能にする

    2023年10月20日 8:46
  • 前の記事

    NVIDIA RTX Video Super Resolution1.5が利用可能に:すべてのRTX 20 GPUでサポートされ、ビジュアル品質が向上

    2023年10月18日 8:38
    RTX VSR.png

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事