あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Wi-Fiアライアンスは、Wi-Fi 7の最終規格が2024年第1四半期末までにリリースされることを確認した。この規格は、現行のWi-Fi 6規格と比較して、マルチギガビットの速度やその他の改善を約束しており、

Tom’s Hardwareが報じたように、Wi-Fi 7は2024年の第1四半期中に最終決定され、リリースされる予定だ。Wi-Fi 7をサポートするデバイスは数ヶ月前から販売されているが、その能力は“封印”されているため、この技術が正式にリリースされることで、ユーザーはデバイス内の秘められたパワーを利用できるようになる。Wi-Fiアライアンスは次のように述べている:

IEEE 802.11be技術に基づくWi-Fi CERTIFIED 7は、2024年第1四半期末までに利用可能になる予定です。Wi-Fi CERTIFIED 7は、世界的な相互運用性を促進し、コネクテッドデバイスの次の時代に高度なWi-Fi性能をもたらすでしょう。

IntelとBroadcomは昨年、Wi-Fi 7(802.11beとしても知られる)の最高速度が5Gbpsに達することを発表した。Wi-Fi 7は、2.4GHz、5GHz、6GHzの周波数をシームレスに切り替えられるようにすることで、これを実現しており、互換性のあるデバイスはこれらを同時に使用することが出来る。

inte wi fi

さらに、6GHzの周波数帯では320MHzのスーパーワイドチャンネルを利用できるため、Wi-Fi 6の最高速度9.6Gbpsよりもはるかに速い、規格上の最大通信速度は46Gbpsを実現している。また、1024 QAMから4K QAMにアップグレードすることで、伝送速度を20%向上させている。

また、Wi-Fi 7の接続は、従来の仕様よりも安定性が増すと期待されている。マルチリンク動作はトラフィックをインテリジェントにバランスさせ、ネットワークがより多くのデバイスを効率的に収容できるようにする。これは、この新しい規格が拡張現実や仮想現実のアプリケーションに適していることを示唆するものだ。FCCが最近、6GHz帯での超高速Wi-Fiテザリングを予備承認したことは、VRやAR機器がWi-Fi 7を利用できるようにするための重要な一歩である。

2024年という発売時期は、2022年からのIntelの予測にほぼ一致する。同社は来年からWi-Fi 7対応PCを発売し、2025年には広く市場に普及させる計画だ。QualcommもWi-Fi 7については楽観的で、5Gと並んでFastConnectプログラムに組み込んでいる。

昨年以来、Netgear、TP-Link、Asus、Amazon、Gigabyteなど、他のメーカーもドラフト仕様を使って先手を打っている。

デスクトップをWi-Fi 7用にアップグレードしたい人には、Gigabyteが最近発表したPCIeアダプターが選択肢となる。このシングルスロットカードは、最大5.8Gbpsの速度を提供し、Wi-Fiアライアンスのすべての公式仕様機能が含まれているが、価格などはまだ確定していない。また、ほとんどの主要メーカーからWi-Fi 7をサポートするマザーボードも発売されており、自作ユーザーには選択肢が豊富に用意されている。

gigabyte wifi 7 900

Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする