あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

新型コロナウイルス感染症のパンデミックの間、英国では3分の1の人々が科学への信頼が高まったと回答していることが最近判明した。しかし、7%は減少したと答えた。なぜこのように反応が分かれるのだろうか?

長年、一部の人々が科学を拒絶する主な理由は、単純な知識不足と未知なるものへの恐怖だと考えられてきた。これと一致するように、多くの調査で、教科書に載っている科学的事実をより多く知っている人ほど、科学に対する態度がより肯定的であることが報告されている。

しかし、もしそれが本当に核心的な問題だとすれば、解決策は単純である。しかし、この戦略は20世紀後半の科学コミュニケーションを支配してきたが、複数のレベルで失敗している

管理された実験では、人々に科学的情報を与えても態度は変わらないことがわかった。英国では、遺伝子組み換え技術をめぐる科学的メッセージが裏目に出たことさえある。

情報主導型戦略の失敗は、人々が自分の信念と矛盾する情報を割愛したり避けたりすることに起因しているのかもしれない。これは確証バイアスとしても知られている。しかし、第2の問題は、メッセージもメッセンジャーも信用しない人がいるということである。つまり、科学に対する不信感は、必ずしも知識の不足によるものではなく、信頼の不足によるものなのである。

このことを念頭に置いて、私たちを含む多くの研究チームは、なぜ科学を信頼する人としない人がいるのかを調べることにした。パンデミック時に科学に不信感を抱く人の強い予測因子の一つは、そもそも科学に不信感を抱いていることだった。

不信感を理解する

最近の証拠から、科学に拒否感や不信感を抱く人々は、科学について特によく知っているわけではないこと、さらに重要なことに、彼らは通常、科学を理解していると信じていることが明らかになったのだ。

この結果は、過去5年間、ワクチンや遺伝子組み換え食品など、多くの科学的問題に対する態度を調査した研究で何度も明らかにされてきた。また、特定の技術について質問されていない場合にも、この結果が当てはまることがわかった。しかし、気候変動のような特定の政治化された科学には当てはまらないかもしれない。

最近の研究では、科学が嫌いで自信過剰な人は、自分の考えが一般的であり、それゆえ他の多くの人も自分に同意していると誤解する傾向があることもわかった。

他の証拠によれば、科学を否定する人々の中には、反証できないような形で代替説明を組み立てることで心理的な満足感を得ている者もいる。ワクチンにマイクロチップが入っているとか、COVIDは5G放射線のせいだとか。陰謀論の本質はこうしたものであることが多い。

しかし、科学の要諦は、間違っていることが証明できる理論、つまり科学者が「反証可能な理論」と呼ぶ理論を検証し、テストすることにある。一方、陰謀論者はしばしば、自分たちが好む説明と一致しない情報を拒絶し、最後の手段として、代わりにメッセンジャーの動機を疑う

科学的手法を信頼する人がそうでない人と議論する場合、両者は本質的に異なる交戦規則に則っている。つまり、懐疑論者を説得するのは難しいということだ。

解決策を見つける

では、科学に対する態度についての新たな理解を得て、私たちは何ができるのだろうか?

メッセンジャーはメッセージと同じくらい重要である。私たちの研究は、例えば政治家が科学を伝えることを信頼されていないのに対し、大学教授は信頼されているという多くの先行調査を裏付けている。このことは肝に銘じておく必要がある。

多くの人が自分と同じ意見を持っているという誤った思い込みによって、否定的な態度を強める人がいるという事実は、さらなる戦略の可能性を示唆している。広告業界は、まずそこに到達した。10人中8人の猫の飼い主が、自分のペットはこのブランドのキャットフードを好むと言っている」といった表現は人気がある。

この戦略を調査した43のメタ分析(これらは科学的テストのゴールドスタンダードである「ランダム化対照試験」だった)では、科学的事実に対する信念を変えるこのアプローチが支持されていることがわかった。コンセンサス・ポジションを特定することで、何が誤った情報や裏付けのない考えなのかを暗黙のうちに明確にし、相反する証拠の流通によって何が真実なのか半数の人が知らないという問題にも対処できることになる。

補完的なアプローチは、誤った情報の可能性に備えることである。誤った情報は瞬く間に広まり、残念なことに、それを否定しようとする試みが行われるたびに、誤った情報がより注目されるようになる。科学者はこれを「継続的影響効果」と呼んでいる。精霊が瓶に戻ることはない。ベターなのは、反論を予測すること、あるいは誤った情報を広めるために使われる戦略に対して人々に予防接種をすることである。これは、デバンキングとは対照的に、「事前誤り」と呼ばれている。

しかし、文脈によって必要な戦略は異なる。問題となっている科学が、気候変動のように専門家の間でコンセンサスが得られて確立されたものなのか、それともまったく新しいウイルスのように未知の領域に対する最先端の新しい研究なのかが重要である。後者の場合、私たちが知っていること、知らないこと、そして現在行っていることを説明し、結果が暫定的なものであることを強調するのがよい方法である。

変化の速い分野での不確実性を強調することで、メッセージの送り主がある日突然別のことを言い出したので信用できない、という反論を事前に打ち消すことができる。

しかし、どのような戦略も100%有効であるとは言えない。広く議論されているCOVIDのPCR検査でさえ、国民の30%がPCRを知らなかったと答えている

多くの科学コミュニケーションに共通する苦境は、実はすでに科学に携わっている人々にアピールしていることかもしれない。だからこそ、あなたはこれを読んでいるのかもしれない。

とはいえ、コミュニケーションの新しい科学が示唆するのは、科学に関心がない人々にも手を差し伸べる価値があるということである。


本記事は、Laurence D. Hurst氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Why some people don’t trust science – and how to change their minds」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする