ペンタゴンは“トカゲのように手足を再生できる”スーパー・ソルジャーを研究している

masapoco
投稿日 2023年12月2日 13:53
1701441383751 screenshot 2023 12 01 093611

米国国防総省は、将来的に「スーパーソルジャー」を展開することを目指している。これはキャプテン・アメリカやアイアンマンといった、架空のヒーローにインスピレーションを受けて進められているようだが、ある会議の中で議論されたサイバネティックインプラントと身体的自主性に関する倫理的問題を含む内容は、華々しいヒーローというよりも、どちらかと言えばやむを得ず人体改造を受けて苦悩に苦しむダークヒーローの様な印象を受ける。

フロリダ州オーランドで開催される年次会議「I/ITSEC(インターサービス・産業訓練・シミュレーション・教育会議)」は、軍首脳が商談に訪れ、シミュレーション企業が新製品のデモを行い売り込む場でもある。

この会議の中で行われたパネル「ブラックスワン – スーパーソルジャーの夜明け」の中で、スーパーソルジャーの議論が行われた。このパネルには、国防総省のアナリストであるLauren Reinerman-Jones氏が司会を務め、米国陸軍開発コマンドの代表であるGeorge Matook氏とIrwin Hudson氏、研究科学者のJ.J. Walcutt氏、そして空軍の「非侵襲的脳刺激」に取り組むRichard McKinley氏が参加した。

対談のはじめに、Walcutt氏は合成血液やナイトビジョンゴーグルを目薬で置き換えるといった、実際にペンタゴンが取り組んでいる事例について説明した。その背後のスライドでは「将来の兵士」が「痛みを麻痺させる刺激剤で満たされた体」と「トカゲのように手足を再生し、傷を素早く治癒する能力」など、国防総省が研究しているSFのような技術が示されていた。

また、『ロボコップ』に言及した引用もあった。「強化された兵士たちは、走るのが速く、眠る必要がなく、ほとんど飲み食いせず、いつでも戦えるバイオニックマンになる。新種、Homo robocopusの誕生だ」。これは、世界の超大国がスーパーソルジャーを工学的に開発しようとする際の倫理的懸念に関する、2019年のヨーロッパの報告書からの直接的な引用である。

議論の終わりに近づくと、聴衆の一人が、地球が軍事サービスと引き換えに老人に新しい若々しい体を提供する近未来についてのJohn Scalziの本を読んだことがあるかどうかパネリストに尋ねた。「しばしば、人生は芸術を模倣する」と彼は言った。「もしあなたが『オールドマンズ・ウォー』を読んだことがあれば、年配の人々の一部を未来の兵士として使用するという概念に精通しているでしょう。この技術を使って、戦場での経験を積んだ退役軍人の寿命を延ばすか、より成熟した個人を若いペースでそれらの能力を発揮させるために使用することは可能ですか?」。

パネリストはそれが素晴らしいアイデアだと同意した。Walcutt氏は、それが退役軍人に目的感を与え、うつ病の率を下げるかもしれないと述べた。「もし私たちが、彼らの身体的能力に関係なく人々を使用することができるか、または彼らの能力を高めることができるなら、なぜ私たちは彼らのサービスの寿命を延ばすことができないのでしょうか?」と彼女は言った。

非侵襲的脳刺激の専門家であるMcKinley氏は、『マトリックス』が現実になり始めていると語った。具体的には、脳に直接情報を書き込む技術を研究しているようだ。

「私たちはTeledyne という会社と協力して、非常に高い解像度で脳に書き込むことができる技術を研究しています。これは非常に初期の段階なので、まだ多くの開発が必要です。しかし、これは将来的に実現するもので、手術をすることなく、皮膚に感覚を与えることなく、非侵襲的に脳に直接情報を書き込むことができる装置を身につけることができるようになるのです」。

議論の大部分は、スーパーソルジャーを創造することの倫理的および法的な境界に関するものだった。「私たちはどのようなリスクを取る用意があるのか?私たちにできる素晴らしいことはたくさんある。私たちは公正な戦いを望んでいない。本当にそうではない、これは名誉なことではない。私たちは、私たちの部下がどんな敵よりも圧倒的であることを望んでいる。では、なぜ私たちは彼らに薬物強化を提供していないのか?ステロイドを投与するだけで済むのに、なぜ一週間中走らせているのでしょうか?社会的規範と倫理、そして場合によっては法律を変えれば、他にもできることがある」とMatook氏は述べた。

Matook氏は、アメリカの敵がより優れたパイロットを創造するために優生学を行っていることをほのめかして、倫理的な境界を押し広げることについての彼の考えをまとめた。「同様に才能があり、訓練を受けた我が国の兵士たちが、他国が『おい、どうだろう、男性のあなたは優れた飛行士だ』と言おうとするために、不公平な戦いに直面する状況に陥る可能性がある。女性のあなたは優秀な飛行士です。あなたは私たちがこれまで見た中で最高の飛行士の赤ちゃんを産むでしょう、私はあなたが結婚していなくても気にしません」。他のパネリストは緊張した笑いを浮かべた。「それは事実です。彼らは私たちが行わないその余分なステップを踏む用意があるのでしょうか?」

Hudson氏は反発し、これらの新しい技術の費用対効果は個人にとって価値がないかもしれないと指摘した。彼は、ステロイドがユーザーに重い代償を要求し、人間により多くのパフォーマンスをエンジニアリングすることには結果が伴うことを指摘した。McKinley氏は同意し、ブランドに忠実に、非侵襲的な強化の利点を宣伝した。「私は、リバーシブルな部分が大きなことだと思います。人々は、比較的新しい技術で自分の体に永続的な変更を加えることを望んでいません。」

Reinerman-Jones氏はフォローアップで準備ができていた。「では、個人にこのような変更を加えた場合、彼らのサービスが終了したときに何をしますか?何が起こるのですか?それとも彼らは文字通り一生政府に所有されているのですか」

「解雇だ」とHudson氏は、暗い冗談を言っていた。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 06445a9eeeb2cffcbcb358f784849b51
    次の記事

    CNBCがAppleシリコンの開発部隊に迫る

    2023年12月2日 14:18
  • 前の記事

    Galaxy S24シリーズの公式画像が多数リーク

    2023年12月2日 12:11
    Galaxy S24 family

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事