あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

幽霊のような気配を感じる?新しい科学的研究によって、その理由が明らかになるかも知れない

自分一人しかいないはずなのに、部屋の中に気配を感じるという不気味な体験をしたことがある人は、それを認めたくないかも知れない。しかし、その体験は、他の人と分かち合えるような深い体験であったかも知れない。あるいは、その中間のような体験だったのか可能性もある。

その体験を処理するのに役立つ説明がない限り、ほとんどの人は自分の身に何が起こったのかを理解するのに苦労することだろう。しかし、現在では、心、身体、そして両者の関係についての科学的なモデルを使って、この幽玄な体験が理解できるものであることを示す研究が進んでいる。

このテーマに関する最大規模の調査が行われたのは、1894年と古い。心霊研究協会(SPR)は、イギリス、アメリカ、ヨーロッパの17,000人以上を対象にした調査「幻覚の国勢調査」を発表した。この調査は、死を予感させるような、一見不可能な訪問を受けることが、どの程度一般的であるかを理解することを目的としていた。SPRは、このような体験は偶然とは思えないほど頻繁に起こる(調査対象者の43人に1人)、と結論づけた。

1886年、英国の元首相William Gladstoneや詩人Alfred, Lord Tennysonなどを後援者に持つSPRが、『Phantasms of the Living』を出版した。テレパシー、予知夢、その他の珍しい現象が701件も収録されている。例えば、プリマスのデボンポートに住むP H Newnham牧師は、ニュージーランドを訪れた際、夜中に気配を感じて、翌朝の夜明けの船旅に参加しないように警告されたことを語っている。Newnhamは、翌朝、夜明けの船旅に参加しないよう警告されたことを後で知った。

当時、幻像は非科学的であると批判された。国勢調査は懐疑的な見方をされることは少なかったが、それでも回答の偏り(何か言いたいことがある人以外、わざわざこのような調査に答える人はいないだろう)はあった。しかし、このような体験は世界中の家庭で生き続けており、現代の科学はそれを理解するためのヒントを与えてくれる。

bed side

そんな甘い夢はない

SPRが収集した証言の多くは、ヒプナゴギア(睡眠との境界で起こる幻覚体験)のように聞こえる。19世紀に記録されたいくつかの宗教的体験は、催眠術に基づくものであることが示唆されている。睡眠麻痺は、成人の約7%が一生のうちに一度は経験するといわれ、何もいないのに、何かの気配を感じる現象と特に強い関連がある。睡眠麻痺では、レム睡眠の後遺症で筋肉が固まったままだが、心は活動的で起きている。研究では、睡眠麻痺の50%以上の人が漠然とした何かの気配を感じたと報告している。

SPRが記録したヴィクトリア朝に報告された何かの気配は、しばしば良性のものであったり、安らぎを与えるものであったりしたが、睡眠麻痺によって引き起こされる現代で報告された、不思議な気配の例は、悪意を放つ傾向にある。ポルトガルの「手に穴をあけた小さな修道士」(Fradinho da Mao Furada)は人々の夢に入り込むことができ、ナイジェリアのヨルバ族の「Ogun Oru」は犠牲者が魔法にかけられた結果だと信じられているなど、世界中の社会には夜間に得体の知れない気配を感じる現象について、独自の話がある。

しかし、なぜ麻痺のような体験が不思議な臨場感を生み出すのだろうか。一部の研究者は、このような異常な状況で目覚めたときの具体的な特徴に着目している。幻覚がなくても、ほとんどの人は睡眠麻痺を怖いと感じる。2007年、睡眠研究者のJ.Allen CheyneとTodd Girardは、私たちが麻痺して無防備な状態で目覚めた場合、本能が脅威を感じ、心がその隙間を埋めていると主張した。私たちが獲物なら、捕食者がいるに違いない。

もう一つのアプローチは、睡眠麻痺における訪問と他のタイプの気配を感じることとの共通点に注目することである。過去25年間の研究により、何かの気配は催眠術の風景の常連であるだけでなく、パーキンソン病、精神病、臨死体験、死別などでも報告されていることが分かっている。このことは、睡眠に特化した現象とは考えにくいことを示唆している。

心と体のつながり

私たちは、神経学的なケーススタディや脳刺激実験から、身体的な合図によって何かの気配を感じることが誘発されることを知っている。例えば、2006年、神経学者のShahar Arzyとその同僚は、左の側頭頭頂接合部(TPJ)で脳を電気刺激された女性が体験する「影絵」を作成することができた。TPJは、私たちの感覚と身体に関する情報を統合しているのだ。

2014年に行われた一連の実験では、人々の感覚的な期待を乱すことで、一部の健康な人々に臨場感を誘発するようだということも示された。研究者たちが用いた手順の仕組みは、自分の真後ろにいるロボットと動きを同期させることで、あたかも自分の背中に触れているような感覚を騙すというものだ。脳はこの同期を理解し、自分がその感覚を作り出していると推測する。そして、その同期が崩れたとき、つまり、ロボットのタッチがわずかにずれたとき、人は突然、機械の中の幽霊のように、別の人が存在しているように感じることができます。感覚的な期待値を変化させることで、幻覚のようなものを引き起こすのだ。

その理屈は、睡眠麻痺のような状況にも当てはまると思われる。自分の身体や感覚に関する普段の情報がすべて途絶えるわけだから、そこに「別のもの」がいるように感じても不思議ではないだろう。別の存在と感じるかもしれませんが、実はそれは自分自身なのだ。

2022年の私自身の研究では、臨床記録、スピリチュアルな実践、耐久スポーツ(不思議な物の気配など様々な幻覚現象を引き起こすことで知られている)から、何かの気配の類似性を追跡しようとした。いずれの場面でも、例えば、被験者が自分の真後ろに気配があると感じるなど、気配を感じる多くの側面が非常によく似ていた。睡眠に関連した何かの気配を感じる事は3つのグループによって説明されたが、悲しみや死別のような感情的要因による何かの気配を感じる事も同様であった。

100年以上の歴史があるにもかかわらず、誰もいないのに何かの気配を感じることに関する科学はまだ始まったばかりだ。最終的には、科学的な研究によって一つの包括的な説明がなされるかもしれないし、あるいは、これらの事例を説明するために、いくつかの理論が必要になるかもしれない。しかし、『Phantasms of the Living』に描かれた人々との出会いは、過去の時代の幻影ではない。もしあなたがまだこのような不穏な体験をしたことがないとしても、おそらくあなたは経験した人を知っているはずだ。


本記事は、Ben Alderson-Day氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「What science can tell us about the experience of unexplainable presence」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする