あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米規制当局、MicrosoftによるActivision Blizzard買収の差し止めを申請

米国連邦取引委員会(FTC)は、MicrosoftによるActivision Blizzardの買収が7月18日の期限までに完了することを阻止するために、裁判所に予備的な差し止め命令と仮処分を申請したとのことだ。

「予備的差し止め命令は、提案された買収が米国反トラスト法に違反するかどうかを判断するためのFTCの行政手続きの係属期間中、現状を維持し、競争への暫定的な害を防ぐために必要である」と、 FTCは申請書で述べている。「仮処分命令は、当裁判所が要求された仮処分命令を認めるかどうかを決定する間、現状を維持するために必要である」。

匿名の情報源からのものとしてCNBCが引用したところでは、FTCはすでに2022年12月に690億ドルの取引に対する訴訟を起こしているが、この新しい差し止め命令は、Microsoftが取引を完了することに対する保険のようなものだと述べている。この訴訟は、7月中に社内の行政法判事によって審理されることになっている。その判事がMicrosoftに不利な判断を下した場合でも、同社は連邦判事に上訴することが出来る。。

MicrosoftのBrad Smith社長は、出願に先立ち、記事の中で次のように語っていた:

私たちは、連邦裁判所で私たちの訴えを提出する機会を歓迎します。米国での法的手続きを加速させることが、最終的に市場に選択肢と競争をもたらすと信じています。

Microsoftは、この取引を成立させるために、すでに苦しい戦いに直面している。英国競争市場庁は4月、この買収を承認しないことを決定した。同局は、Activision Blizzardとの買収が完了した場合、Microsoftがクラウドゲーム市場で不当な競争優位を獲得すると主張した。Microsoftは現在、この決定を不服として控訴している。

先日、XboxのトップであるPhil Spencer氏はメディアに対し、Activision Blizzardの買収が成立することにまだ「確信」があると述べた。さらに、「疑問を持つ規制当局と解決策を見つけるために、私たちは積極的に活動している」と付け加えた。

Microsoftは、競合するクラウドゲームプロバイダーに自社のゲームを提供するなど、ゲームクラウド市場の救済策を提示しようとしている。昨日Microsoftは、「(一部)のPC Game Passのゲームが、今後数ヶ月のうちに、NVIDIA GeForce Nowゲームサービスで利用できるようになる」と述べた。このゲームのリストに関する詳細や、ゲーマーがどのようにアクセスするかは、まだ明らかにされていない。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする