宇宙ステーション(宇宙飛行士が搭乗)が太陽黒点の前を横切る絶景の撮影に成功

masapoco
投稿日 2023年6月13日 6:03
Thierry Legault the sun and ISS2

彼はまた、彼自身の素晴らしい作品を凌駕することをやってのけた。

これまでにも、Thierry Legault氏の美しく、心を揺さぶる天体写真を紹介する記事を何度も書いてきた。例えば、スパイ衛星を軌道上で撮影したり、日食中に国際宇宙ステーション(ISS)が太陽を通過する様子を撮影したりと、彼は毎年、自分でも驚くような天体写真撮影に挑戦しているようだ。

今回は、2人の宇宙飛行士が宇宙遊泳をしている間に、ISSが太陽を通過する様子を撮影することができた。さらに、3つの巨大な黒点のそばを通過するISS(と宇宙飛行士)を撮影するため、Legault氏は適切な時間に適切な場所にいることを確認した。

2023年6月9日、NASAの宇宙飛行士Steve Bowen氏とWoody Hoburg氏は、新しいiROSAソーラーパネル一式を取り付けるための宇宙遊泳を実施した

この日のために、私は自宅から6時間かけてオランダに行き、宇宙遊泳が始まって1時間後に通過が起こった」とLegault氏はFacebookで述べた。「今回、ISSは一瞬のうちに3つの黒点群の前を通過しました!大きな黒点は地球を飲み込むことができますが、ISSより30万倍も遠いです(1億5000万km対550km)」。

以前のUniverse Todayの記事で、Legault氏は地図を研究し、このようなトランジットを撮影するのに適した場所にいるために何千キロも移動する方法を説明している。彼は、トランジットがいつ起こるかを非常に正確に知るために、電波同期時計を使用している。

ISSが現在の黒点群の前を通過するタイミングは、どのように把握したのだろうか?

「太陽のリアルタイム画像を使って、時間と場所に依存する垂直方向と水平方向の主要な黒点群の位置を推定しました」と彼はUniverse Todayに語った。「私はそれをwww.transit-finder.com によって計画された軌道と比較し、私は対応する通過位置に自分自身を配置しようとしました」。

トランジットイベントのために、彼は、毎秒4枚の画像、合計16枚の画像を取得し、画像を拡大した後にのみ、成功したかどうかがわかる。

Legault氏は、個々の画像はすべて1/32000sのシングルショットであると述べた。ISSの通過を撮影した画像は、どれもスタックしていない。彼のカメラは4秒間連続シャッターを切り、計算時刻の2秒前に撮影シーケンスを開始する。

2011年、Legault氏は、ISSが太陽の前を通過する際に、宇宙遊泳中のSteve Bowen氏を撮影することができた。Bowen氏が再び宇宙遊泳をしていることを知ったとき、Legault氏は再び彼の写真を撮ろうと思いついたのだ。

「おっと、またやってしまった…もっとうまく!」と、Legault氏はFacebookで語った

ISSの通過は1秒未満で、今回の通過はわずか0.75秒であることを念頭に置き、Facebookではスローモーションで表示されている。

ISSは時速27,000kmで飛行しているため、このイベントを画像に収めるには、究極の精度でタイミングを合わせる必要がある。

撮影機材は、CFF200 APO 屈折、Baader Herschelウェッジ、1/32000sのOlympus OM-1、天体写真家のEmmanuel RietschのGPSトリガーだ。また、Legaultは、セットアップを手伝ってくれた友人のCharline Giroud氏に感謝している。


この記事は、NANCY ATKINSON氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • the microsoft logo on the exterior of an office building
    次の記事

    米規制当局、MicrosoftによるActivision Blizzard買収の差し止めを申請

    2023年6月13日 6:17
  • 前の記事

    Apple、より安価なVisionヘッドセットは2025年後半に発売か

    2023年6月12日 19:13
    Apple WWCD23 Vision Pro lifestyle with battery FaceTime 230605

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事