あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Apple、より安価なVisionヘッドセットは2025年後半に発売か

先日、Appleがついに新たなARヘッドセット「Vision Pro」を発表した事が記憶に新しいが、Bloombergの記者でApple関連の内部情報に詳しいMark Gurman氏は、最新のニュースレター「Power On」で、Appleが2つの新たなARヘッドセットに取り組んでいる事を報告している。

Gurman氏によると、1つは安価なタイプのヘッドセットで、Vision Proに比べて低画質のスクリーン、少ないカメラ、より性能の低いプロセッサー(例えば、iPhoneのチップや古いMacのチップ)が使われている可能性があるとのことだ。また、より基本的なヘッドストラップデザインで、ヘッドセットスピーカーを使用する代わりに、空間オーディオのためにAirPodsを必要とする可能性があると述べている。

さらにGurman氏は、Appleはこの標準的なヘッドセットでも、Visionヘッドセットの特徴である、EyeSightスクリーンや手と目のトラッキング機能を備えるだろうとしている。

Gurman氏は、より安価なAppleのヘッドセットは、早ければ2025年末までに登場すると主張している。

Gurman氏はまた、Vision Proヘッドセットの後続機についても明らかにし、こちらはより高速なプロセッサを搭載すると述べている。また、標準的なiPhoneとProのように、Appleが2つのアプローチを取る可能性も示唆している。いずれにせよ、Appleが長期的な視野で取り組んでいることは明らかだ。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする