あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米国下院のエネルギー・商業委員会は、TikTokが米国内で禁止される可能性のある法案を全会一致で可決した。

CNNによると、この法案はTikTokの現在の親会社であるByteDance社に165日間の猶予を与え、TikTokを売却させるものだという。売却に失敗した場合、同法案はアプリストアによるTikTokアプリのダウンロードを違法とする。米国は以前、2023年に政府所有のデバイスでのTikTokの使用を禁止していた

この法案は、TikTokのサービスが、中国に拠点を置いているByteDanceに所有されているため、TikTokの米国ユーザーのデータが不正に取得され、中国政府に送信する可能性があるという考えに基づいている。エネルギー・商業委員会の委員長を務める共和党議員Cathy McMorris Rodgersは、次のように述べている:

今日、我々は、敵対国が管理するアプリがもたらす脅威から米国人を守り、米国が常に我々の価値観と自由のために立ち上がるという非常に強いメッセージを送るために、長年の懸案であった法律を制定する第一歩を踏み出す。

法案は今後、下院本会議で承認され、その後上院で承認される。そして最後に、Joe Biden米大統領の署名を経て法案成立となる。皮肉なことに、Biden氏の2024年アメリカ大統領選挙キャンペーンは、つい数週間前に独自のTikTokチャンネルを立ち上げたばかりだ。

TikTok Policy X(旧Twitter)の公式アカウントは、本日の委員会の採決に対する回答を投稿した。この法案には、米国におけるTikTokの全面禁止という、あらかじめ決められた結末がある。さらに、法案の可決は企業やTikTokのコンテンツ制作者に打撃を与えると付け加えた。

モンタナ州は2023年、同州内のすべての人のTikTokの使用を禁止する法律を承認した。しかし、米連邦地裁の判事は、全面的な裁判を待つ間、この法律の施行を差し止める仮処分を下した。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする