あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Twitter、一部の「良質コンテンツ提供ボット」へAPIの無償許可へ

サードパーティアプリケーションがTwitter APIに直接アクセスすることを禁止し、2月9日からは、Twitter APIの利用が有料になる事が発表され、物議を醸している。しかし、オーナーのElon Musk氏は、「素晴らしい」コンテンツを作成する開発者は、データのみのAPIリソースに無料でアクセスできるようになり、Twitterサービスに多くのコンテンツをもたらす事が出来ると発表している。

「優良なコンテンツ」を作成する開発者向けに無料のAPIを提供することを発表したのは、Twitter上でボットコンテンツを作成する開発者の多くが、今後すべてのアカウントを維持するとなると、月額100ドルという多額の出費になるため、撤退せざるを得ない述べていたためである。これは、例えば自動で猫の写真を投稿するような、ユーザーを楽しませるボットの消滅を意味する。

Twitter上で、ボットアプリケーション開発者が増えていることを受け、Musk氏は、ボットを使ってTwitterにあらゆるコンテンツを投稿する開発者が使えるように、書き込み可能なAPIリソースを無償で提供すると述べている。

しかし、Musk氏は、今後も学術研究のためにAPIリソースへの自由なアクセスを許可するかどうかについては、まだ明言していない。今後、Twitterがこのような利用を禁止することになれば、大きな影響を与えることになるだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする