TSMCが1nm生産の準備を開始、台湾南部に最先端施設を計画

masapoco
投稿日
2024年1月24日 6:33
tsmc company entrance

半導体大手のTSMCが1nm生産に向け、台湾で最先端ファブの開発計画を始動させたことが、台湾メディアによって報じられている。この発表はTSMCが高雄に3番目の2nmプロセス向けの工場を建設するとした最近の発表に続くもので、TSMCの工場建設ペースが加速している事を示すものだ。

TSMCの1nm計画については、IEDMカンファレンスで触れられていた。同社は2030年までに1nmノードを開発する計画を発表し、興味深いことに、複数の3D積層チップセットを通じて、このプロセス上になんと「1兆トランジスタ」を集積するという楽観的な見通しを示している。TSMCは2nm以降、1.4nmと1nmプロセスの名称をA14とA10に変更している。しかし、成功はTSMCがこの目標をどのように達成するかにかかっているが、同時に歩留まりと供給面での安定も注目されるところだ。

Taiwan Economic Dailyによると、TSMCの1nm計画は、1兆台湾ドル(4,720億円)を超える高価なものである。施設は台湾南部嘉義県にあるサイエンスパーク(STSP)に建設される見込みで、推定面積は100ヘクタール、60対40の割合で分割され、新施設内で半導体とICパッケージングの両方の生産に対応する。TSMCはまた、台湾内に複数の2nmファブを設立する予定である。

とはいえ、1nmはまだ5年近く先の話であり、1nmに先行する複数のプロセスが登場するのがまずは重要になる。現在の所は、TSMCが将来をリードする可能性はあるが、Intelは「4年で5ノード」という目標を達成しており、今後も順調に進めば勢力図を着実に塗り替える可能性もある。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • figure robot
    次の記事

    BMW、Figure製人型ロボットを工場に導入へ

    2024年1月24日 6:56
  • 前の記事

    Google、Chromeの次期バージョンで文書作成支援などの生成AI機能を追加へ

    2024年1月24日 6:16
    Chrome Gen AI Tier 1 Blog Header.width 1600.format webp VPgbUgs
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

  • TSMC FAB18

    TSMCが日本での先端パッケージング施設を検討中と報じられる

  • silicon wafer

    AIが促進するコンピューター・チップの需要は、世界の政治と安全保障を再構築する可能性がある

  • Samsung HQ Image

    MetaはTSMCへの依存度を減らすためにSamsungへの製造依頼も選択肢に入れている

  • TSMC FAB18

    TSMC創業者、AIチップ製造のため顧客から10基の新たな“ファブ”の新設を望まれていると明かす

今読まれている記事