TSMC、米国アリゾナのチップ工場開設を“人材不足”により2025年に延期へ

masapoco
投稿日
2023年7月21日 7:14
TSMC Arizona December 2022

台湾半導体製造会社(TSMC)は、2024年末にアリゾナ州の初のチップ工場を稼働させる予定だったが、現在は大幅な遅延が確認されている。原因は主に、米国内で必要とされる技術的な専門知識を持つ労働者が不足しているためで、これにより、TSMCは2025年に建設を完了する予定だとしている。

これは「不吉な遅延」であり、AIへの投資が急速に増加している矢先の事であるとBloombergは報じている。TSMCはAIチップの主要な供給元であり、Biden政権は米国内のチップ産業の急速な拡大を急いでいる。しかし、この遅延は必ずしも予想外のものではなかったと、ASML Holding NVのCEOであるPeter Wennink氏はBloombergに語っている。Wennink氏の会社はチップ製造装置の世界的な生産者の一つであり、彼は半導体製造工場(ファブとも呼ばれる)を建設する際の遅延の一般的な原因として、熟練労働者へのアクセスを挙げている。

Wennink氏は、「現在、世界中にファブを建設し始め、いたるところに工場があるのですが、その技術は過去数十年の間に、地球上のほんの数か所(主に台湾と韓国、そして中国)でしか磨かれていないことに、人々は気づいていないようです。建設計画を予定通りに進めるために必要な技術や熟練工を確保することは、難しい課題です」と彼は述べている。

Reutersによると、TSMCは先月末、アリゾナ州にある400億ドル規模の工場を“迅速に立ち上げる”ため、台湾人労働者をさらに米国に派遣することを明らかにした。Reutersは、アリゾナ第2工場は2026年までに稼動する予定であり、これは現在生産中の最先端チップ工場であると報じている。少なくとも今のところ、第1工場の遅れが第2工場の完成にさらなる遅れをもたらすかどうかは確認されていない。

そして、Bloombergは、TSMCのMark Liu会長が電話会議で、労働者不足に加えて、TSMCは米国で他の要因による後退を経験していると述べたと指摘した。米国の製造コストが台湾のコストよりも高いことが、もう一つの後退要員のようだ。

現在のところ、TSMCの解決策はコスト削減の方法を見つけることと、台湾からより多くの労働者を送り込むことにある。同社は、すでに何人の従業員を派遣しているのか、さらに何人の従業員を派遣する可能性があるのか、正確には明らかにしていない。Reutersによると、TSMCは6月、”追加で派遣される人数は未定”であり、台湾人労働者は “限られた期間のみ同州に滞在する”ことを確認したという。

TSMCはReutersに対し、「我々は現在、洗練された施設で最先端の専用機器を扱う重要な段階にあり、熟練した専門知識が必要だ」と述べた。同社はまた、これらの労働者を受け入れることは、「現在毎日現場で働いている12,000人の労働者や米国ベースの雇用に影響を与えることはない」と述べた。

昨日、進歩的な公共政策に焦点を当てた雑誌『The American Prospect』が報じたところによると、アメリカ人労働者と台湾人労働者の間にはすでに緊張関係があるという。アリゾナ州の建設現場で働く組合の電気技師たちは、TSMCがおそらく500人以上の労働者を送り込んだとき、「裏切られた」と感じたとThe American Prospect誌は報じている。組合の代表者によると、組合の電気工は、TSMCが今月初めに組合の電気工の報奨金をなくし、海外の労働者に置き換えようとしているのではないかと疑っており、そのために50人のアメリカ人労働者が辞めたという。

その1週間後、TSMCは報奨金を復活させたが、組合の請負業者に「新たな労働力不足を解消するために台湾から採用した25人の非組合員」を提示して羽目を外した、と代表者はThe American Prospect紙に語った。労働組合の請負業者は組合会館から派遣された労働者しか使わないため」、非組合員の雇用を拒否したという。また、TSMCが賃上げしない限り、アメリカ人労働者の確保に苦労し続けるだろうと予想した。

高給取りのアメリカ人

関係者も労働者も、TSMCが自社の工場を完成させるために米国の資金をどのように使うのか疑問に思っている。Wall Street Journal紙によると、TSMCはCHIPSおよび科学法から最大150億ドルの資金提供を求めているが、TSMCが利益を共有し、事業に関する詳細な情報を提供することを求める米国の条件の一部に異議を唱えている。Biden政権は、これらの条件はTSMCが税金を適切に使用することを保証するためのものに過ぎないと述べている。

しかし、TSMCが米国の労働者を雇用し、公正な賃金を支払うことを期待されていることは明らかだ。昨年、Joe Biden大統領は、アリゾナ州に最初の工場を建設することで「3,000人以上の労働組合員」を雇用すると発表し、CHIPS・科学法は「給料の良いアメリカ人の雇用を創出する」ためのものだと約束した。

アリゾナ初の工場が2025年にようやく稼動すれば、TSMCはファウンドリー開設により1600人以上のハイテク専門職と “半導体エコシステムにおける数千人の間接雇用”が創出されると述べている。これらの雇用をアメリカ人労働者で満たすためには、より高度な訓練が必要になることは明らかで、TSMCはそのために台湾人労働者をこれらのアメリカプロジェクトに参加させなければならないと主張している。

The American Prospect紙は、Mark Kelly上院議員(アリゾナ州選出)がGood Morning Arizonaに対し、TSMC CEOのC.C. Wei氏と “雇用について”、そしてなぜ “これらの雇用がアリゾナ人のためにあることが重要なのか”話したと報じた。Kelly氏は、TSMCが海外から “少人数の個人”を “トレーニングのために”連れてきていると聞いた。

TSMCにとって、製造の一部を米国に移そうと急ぐのは、CHIPSや科学法の資金援助を受けるためだけではない。台湾と中国の緊張関係は、中国がTSMCのチップ製造の大部分を占める台湾を取り戻すことを決定した場合、TSMCの主要チップサプライヤーとしての見通しを危うくする可能性があるとBloombergは報じている。

米国は、脅威がより切迫している可能性を示す指標があると考えているようだ。先月、ホワイトハウスは「台湾海峡と南シナ海における米軍と中国軍の危険な遭遇」を報告し、「北京軍による攻撃性の高まりを反映している」とReutersは報じている


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • RTX4090
    次の記事

    RTX IOがついにデビュー!NVIDIA GPUでより高速なゲーム読み込みを実現

    2023年7月21日 9:42
  • 前の記事

    ChatGPTが新たに「カスタム指示」機能を搭載し、あなたの好みを把握するようになった

    2023年7月21日 6:41
    chatgpt unsplash
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

  • TSMC FAB18

    TSMCが日本での先端パッケージング施設を検討中と報じられる

  • silicon wafer

    AIが促進するコンピューター・チップの需要は、世界の政治と安全保障を再構築する可能性がある

  • Samsung HQ Image

    MetaはTSMCへの依存度を減らすためにSamsungへの製造依頼も選択肢に入れている

  • TSMC FAB18

    TSMC創業者、AIチップ製造のため顧客から10基の新たな“ファブ”の新設を望まれていると明かす

今読まれている記事