Intel、NVIDIA、Qualcommのトップらが中国への規制を緩和するよう米政府に働きかける

masapoco
投稿日 2023年7月23日 16:49
china-tap

NVIDIAやIntelといったハイテク業界のリーダーたちは現在、中国に対する貿易制裁や規制の強度を緩和するため、米国Biden政権に働きかけている事が、Bloomberg、Ruters、そしてForbesの報道により明らかになった。

この動きは、Biden政権が、主に急成長している人工知能業界をターゲットに、中国にさらなる制裁を科すと発表した後のことである。Reutersの報道によると、NVIDIAとIntel、QualcommのCEOは、米国政府代表団と会談した。IntelとQualcommは、Gina Raimondo商務長官、Lael Brainard国家経済会議理事、Jake Sullivan国家安全保障会議理事を含む米国政府代表団と会談した。

具体的な会合の詳細はあまり明らかになっていないが、すべての企業は、米国が「中国市場」での影響力を損なうような追加的な措置を課すことを阻止するという、ただひとつの目的を持って臨んだ。さらに、SIA(半導体産業協会)も米国の政策に懸念を表明し、「さらなる規制を控える」こと、そして最大の半導体市場のひとつでハイテク企業がビジネスを継続できるようにすることを助言した。彼らは、状況を解決するための対話を重視している。

中国での制裁が実施されれば、中国市場に依存している多くの企業にとって、事態は悪化する可能性がある。アナリストは、米国による制裁が実施された場合、NVIDIAのデータセンターの収益が10%減少すると予測していると報告している。NVIDIAのAI GPU「A800」と「H800」は、禁止措置の噂が市場で広まり始めた後、最近価格が上昇したと報告され、この地域で飛ぶように売れている。

さらに、Intelのような企業も最近この地域に進出し、AIとHPC向けのHabana Gaudi2アクセラレータを中国市場で発表した。Intelは、Inspur、H3C、X-FusionといったHPCパートナーとともに、AIの「金鉱」を活用することを目指している。しかし、米国が厳しい制裁関税を課せば、両社の計画に支障が出る可能性がある。

中国市場は今や競争が激しく、各国政府は自社生産に傾斜している。その重要な例が、中国企業MetaXによる初のAI GPU、XiSi N100の登場である。NVIDIAのようなハイテク大企業にとって、状況は極めて重要なものとなっており、彼らの経済的進歩は今や米国政府の決定と直結している。一方、AMDの最高経営責任者(CEO)は現在、供給パートナーとの協力関係を強化するために台湾を訪れているが、他の業界大手と同様の考えを共有している可能性もある。今後の展開、特に今回の会談後の動向が注目される。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Twitterアプリの起動画面
    次の記事

    Elon Musk氏、Twitterのブランド名を「X」に変更し、鳥のロゴを廃止と伝える

    2023年7月25日 6:32
  • 前の記事

    Stability AIの新たなオープンソース大規模言語モデル「FreeWilly」がMetaのLlama 2を上回る

    2023年7月23日 16:36
    freewilliy llm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事