Elon Musk氏、Twitterのブランド名を「X」に変更し、鳥のロゴを廃止と伝える

masapoco
投稿日 2023年7月24日 5:34
Twitterアプリの起動画面

Elon Musk氏が買収して以来、Twitterには大きな変化がもたらされている。

多くのスタッフが失われ、様々な仕組みが変わったが、Musk氏はさらにブランドのアイデンティティとも言える青い鳥の変更を考えているようだ。一連のツイートとTwitterスペースで、Musk氏は「Twitterブランドと、そして徐々に、すべての鳥に別れを告げる」つもりだと述べた。

Musk氏はその後のツイートで、今夜十分なXのロゴが投稿されれば、世界中で新しいロゴを発表すると述べた。

その後、Musk氏はXのロゴが点滅するツイートをシェアした。彼はさらに、Twitterスペースの音声チャットでこの変更を進めるつもりであることを確認し、「ずっと前にそうすべきだった」と付け加えた。

Musk氏はツイートで、X.comが現在Twitterにリダイレクトされていることを確認した。さらに彼は、同社がロゴの作成に取り組んでおり、暫定的なロゴが今日中に公開されると述べた。

Musk氏がXにこだわるのは、X.comが彼の最初の主要プロジェクトであったように、Xという文字にまつわる歴史があるからだ。Musk氏は1999年にHarris Fricker、Christopher Payne、Ed Hoと共同でX.comを設立した。X.comは個人向けに簡単な決済ソリューションを提供し、後にPayPalと改名されたが、2002年に15億ドルでeBayに売却された。

Xの文字はElon Musk氏にとって大きな意味を持つかもしれないが、世間やTwitterの株主がこのニュースにどう反応するかは未知数だ。

Twitterは昨年末、Elon Musk氏に買収されて以来、大きな混乱に見舞われている。元従業員からの訴訟、広告主のプラットフォーム離れ、Twitterサークルのツイートを誰でも見られるようにしたセキュリティ違反、複数の障害など、Musuk氏の最新の試みにとっては波乱含みの展開となっている。

最近、Fidelityは、Twitterの価値は現在150億ドル程度であり、Elon Musk氏が昨年同社を買収するために支払った金額の3分の1であると指摘するレポートを発表した



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • new york city
    次の記事

    ニューヨーク市、新たなドローン許可プロセスで厳格なドローン規制を緩和

    2023年7月24日 6:01
  • 前の記事

    Intel、NVIDIA、Qualcommのトップらが中国への規制を緩和するよう米政府に働きかける

    2023年8月7日 6:41
    china-tap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事