ティーバッグと加工肉が“永遠の化学物質”の大きな摂取源となる可能性が示唆される

masapoco
投稿日 2024年2月12日 12:00
tea bags

急須でお茶を飲む習慣がある人は、以前と比べて少なくなったが、ティーバッグで緑茶や紅茶、ほうじ茶などを淹れる人は少なくないだろう。だが、科学誌『Environment International』に掲載された最近の研究は、その習慣を考え直すきっかけになるかもしれない。

南カリフォルニア大学(USC)ケック医学校の研究者たちは、ある種の食品を摂取することと、ペルフルオロアルキル化合物やポリフルオロアルキル化合物、いわゆる「PFAS」の血中濃度が高いこととの間に関連性があることを発見した。

PFASは、分解に時間がかかるため体内に蓄積されやすく、「永遠の化学物質」として知られている。しかし、USCの研究者たちは、食生活の選択によっては体内のPFAS濃度が高くなることも発見した。

「我々の知る限り、これは食事要因がPFASの経時的変化とどのように関連しているかを調べた最初の研究です。複数の時点を見ることで、人々の食生活の変化が実際にPFAS濃度にどのような影響を与えるかを知ることができます」と、 ケック医学校の人口・公衆衛生科学助教授であり、本研究の上席著者であるJesse A. Goodrich博士は語った。

具体的には、以下のような食品を多く摂取すると、血液中のPFAS濃度が高くなるとのことだ:

  • 紅茶
  • ホットドッグなどの加工肉
  • 家庭外で調理された食品

ケック医学校環境衛生学部の博士課程に在籍し、本研究の主執筆者であるHailey Hampson氏は、「私たちは、代謝的に極めて健康的な食品でさえ、PFASに汚染されている可能性があることを明らかにし始めています。これらの知見は、”健康的な”食品を構成するものを別の方法で見る必要性を浮き彫りにしています」と、述べている。

この研究の一環として、700人以上の若年成人を対象に、食生活やレストランでの食事の頻度などについて質問が行われた。

研究者たちは2つのグループの参加者を調査した:主にヒスパニック系である南カリフォルニア子供健康調査(CHS)の若年成人123人と、全国代表サンプルである国民健康栄養調査(NHANES)の若年成人604人である。

参加者はそれぞれ、さまざまな食品(加工肉、濃い緑色の野菜、パンなど)や飲料(スポーツドリンク、お茶、牛乳など)の摂取頻度など、食生活に関する一連の質問に答えた。また、自宅、ファストフード店、ファストフード店以外で調理された食品を食べる頻度も報告され、PFASを含むことが多い食品包装との接触が推測された。

参加者は血液サンプルも提供し、様々なPFASのレベルを検査した。CHSグループは20歳前後と24歳前後の2回、NHANESグループは19歳前後の1回である。

CHS群では、初回検査時に紅茶の摂取量が多いと答えた参加者は、追跡調査時のPFAS濃度が高かった(紅茶を1杯追加すると、ペルフルオロヘキサンスルホン酸(PFHxS)が24.8%、ペルフルオロヘプタンスルホン酸(PFHpS)が16.17%、ペルフルオロノナン酸(PFNA)が12.6%高くなった)。初診時に豚肉摂取量が多いと答えた人は、追跡調査時のPFASレベルも高かった(豚肉1皿追加で、ペルフルオロオクタン酸(PFOA)が13.4%高かった)。

ティーバッグは主に紙で作られており、PFAS汚染の主要な供給源であると指摘している。

「したがって、ティーバッグに含まれるPFASが、紅茶の摂取量との関連に寄与している可能性は十分にある。また、これまでの研究では、ティーバッグは、高温の水による抽出プロセスにより、様々なマイクロプラスチックやナノプラスチックの暴露源となる可能性がある……これは、紅茶のPFAS汚染についても同様である可能性を示唆している」。

一般的な傾向として、家庭料理を多く食べる人は、レストランで食事をする人よりもPFASの濃度が低かった。家庭で調理された食品が200グラム増えるごとに、ペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)濃度はベースラインで0.9%、追跡調査で1.6%低下した。これらの知見は、PFOAやPFOSのような従来のPFASだけでなく、PFHxSやPFHpSのような最近開発されたPFASの存在も明らかにした点で重要である。レストランで調理された食品は、PFASが使用されている可能性のある食品包装に接触することが多い事と因果関係があると考えられる。

例えば、米国環境保護庁(EPA)によれば、ファーストフードの容器や包装紙、耐油紙にはPFASが使われていることが多い。

「PFASは、様々な暴露経路を通じて食肉製品に蓄積する可能性があります。食肉は、PFAS汚染地域で飼育された家畜から取れるかもしれません。さらに、食肉製品はPFASを含む耐油性の包装で包装され、保管されているかもしれません。加工肉は、加工や調理中の接触によってPFASをさらに蓄積する可能性があります」と、Hampson氏はTechnology News Networkに語っている。

これらの結果はNHANESグループでも確認された。紅茶、ホットドッグ、加工肉を多く摂取する参加者はPFAS濃度が高く、家庭で調理された食品を多く食べる参加者はPFAS濃度が低かった。

Goodrich氏は、「この結果は、私たちが見ている関連性が、ある地理的な場所だけに当てはまるのではなく、実際に全国の人々に当てはまるものであると判断するのに役立ちました」と語った。

また、魚を食べることは、PFASの高濃度蓄積動物として知られているにもかかわらず、PFASの高濃度蓄積と有意な関連は見られなかった。この意外な発見は、参加者の食生活に魚介類が少なかったことで説明できるとHampson氏は言う。

「私たちの研究では、魚介類とPFASレベルとの間に強い関連は見られませんでした。一般的に、19歳未満の魚介類の消費量は全国で6%であり、20歳以上の若年成人では20%である。したがって、魚介類と魚の消費は、成人集団とこれらの食品をより大量に消費する集団におけるPFAS暴露の主要な原因であるが、我々の研究では、これらの若年成人集団では、他の食品がより大きな原因であることが判明しました」と、同氏は述べている。

USCの科学者たちは現在、人気ブランドの紅茶に含まれるPFASについて追跡調査を行っている。

ちなみに、PFASへの暴露は以下のような様々な健康問題を引き起こす可能性があるとしている:

  • 女性の生殖能力の低下と高血圧の増加
  • 低出生体重児や思春期の早まりなど、子どもの発達への影響や遅れ
  • 前立腺、腎臓、睾丸の癌リスクの上昇
  • 感染症と闘う免疫システムの能力低下とワクチン反応の低下
  • コレステロール値が高くなり、肥満のリスクが高まる。

論文

参考文献

研究の要旨

背景

ペルフルオロアルキル物質およびポリフルオロアルキル物質(PFAS)は、健康への悪影響につながる汚染物質である。食事はPFAS暴露の重要な原因であるが、食事が経時的なPFAS濃度にどのような影響を及ぼすかは不明である。

目的

代謝性疾患のリスクを有するヒスパニック系の若年成人において、食事摂取量および食品源が血中PFAS濃度の変化と関連しているかどうかを明らかにすること。

方法

2回受診したChildren’s Health Study(CHS;n=123)および1回受診したNHANES 2013-2018の若年成人(n=604)を対象とした。ベースライン時の食事データは、2回の24時間食事リコールにより収集され、個々の食品と食品が調理/消費された場所(家庭/レストラン/ファーストフード)が測定された。PFASは、CHSでは両訪問時に、NHANESでは横断的に血中測定された。CHSでは、ベースラインの食事と経時的なPFASとの関連を重回帰で評価し、NHANESでは線形回帰を用いた。

結果

CHSでは、PFDAを除くすべてのPFASが訪問期間中に減少した(すべてp < 0.05)。CHSでは、お茶の摂取量が1サービング多いと、追跡調査時のPFHxS、PFHpS、PFNAがそれぞれ24.8%、16.17%、12.6%増加した(すべてp<0.05)。豚肉摂取量が1食分多いと、追跡調査時のPFOAが13.4%高かった(p<0.05)。無糖茶、ホットドッグ、加工肉など、NHANESでも同様の関連がみられた。食品源については、CHSでは、家庭で調理された食品が200グラム増えるごとに、ベースライン時および追跡調査時に、それぞれ0.90%および1.6%低いPFOSと関連し、NHANESでは、0.9%低いPFDAと関連した(すべてp<0.05)。

結論

結果は、飲料消費習慣と食品調理が若年成人におけるPFAS濃度の違いと関連していることを示唆している。このことは、PFAS暴露の決定における食事の重要性と、食品と飲料のPFAS汚染に関する公的モニタリングの必要性を強調している。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • google money
    次の記事

    Google、欧州労働者のAIスキルアップのため2,500万ユーロを投資

    2024年2月13日 6:24
  • 前の記事

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡はダークマターの1つの理論を直接検証できる

    2024年2月12日 10:55
    1.22.24webbtelescopestephan quintetorigcrop3 e1707612198512

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事