あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

食洗機の水切りを促進する「リンス」に、腸の健康を損なう可能性があることが研究から明らかに

Panasonicやリンナイなどの日本製の食洗機には温風による乾燥機能が付いているため、あまり用いられることがないが、MieleBoschなどの海外製の食洗機には温風による乾燥機能がなく、熱湯による洗浄後の余熱で乾燥させる方式になっている。その際に、水切りのために「リンス(乾燥仕上げ剤)」の使用が推奨されているが、これに含まれる特定の化学物質が腸の健康を損なう可能性があることが最近明らかになり、その安全性に疑問を呈する新たな研究が行われている。

食器洗い機は、汚れた食器に洗剤とリンスを、数分間かけて投入し、最小限の水で洗浄するよう設計されている。このたび、国際的な研究者チームが、業務用食器洗浄機が1サイクルを終えた後に食器に残る化学物質の量と、これらの化学物質が人間の腸組織に与える影響について調査した。

チューリッヒ大学アレルギー喘息研究所の所長であるCezmi Akdis氏は、「特に憂慮すべきは、多くの機器において、残ったリンスを取り除くための追加の洗浄サイクルがないことです。これは、潜在的に有害な物質が食器に残り、それがそのまま乾燥することを意味します」と述べている。

人間の様々な臓器に似た3次元の細胞構造を作ることができる新しいオルガノイド技術を使って、様々な洗浄剤化学物質が腸に及ぼす影響が研究された。その結果、化学物質が「細胞の生存、上皮のバリアー、サイトカインのシグナル伝達、代謝に関わる」遺伝子に明確な変化を引き起こすことが明らかになった

研究者たちは、ダメージを与えている特定の化学物質に着目し、その原因がアルコールエトキシレートであることを突き止めた。この化学物質は、家庭用品に付着したゴミを取り除くために、洗剤や表面洗浄剤によく使われている。

これまでの研究では、アルコールエトキシレートはヒトの細胞に対して無毒であり、発がん性や変異原性を示唆する証拠は見つかっていなかった。今回の研究は、アルコールエトキシレートが腸の細胞に悪影響を及ぼす可能性を示した初めての研究となる。

食器に残留する化学物質の濃度について、研究者は、腸の細胞に最も大きなダメージを与えるのは、1万分の1の希釈率でリンスに含まれるアルコールエトキシレートであることを発見した。この研究では、家庭用食器洗浄機の場合、使用する水の量がやや多く、洗浄サイクルが長くなる傾向があり、希釈倍率は1:80,000と計算されている。そのため、研究者は、希釈倍率が1:2,000と小さい、短サイクルの業務用食器洗浄機についてより懸念を表明している。

注意しなければならないのは、人間の腸に実際にダメージがあるかどうかは、現時点ではまだ仮説に過ぎないということだ。Akdis氏によれば、今回の研究で明らかになったアルコールエトキシレートが腸の細胞に与える影響は、ヒトの様々な炎症性疾患の引き金になる可能性があるとのことである。

「我々が発見した効果は、腸の上皮層の破壊の始まりであり、多くの慢性疾患の発症の引き金になる可能性があります。アルコールエトキシレートは、業務用食器洗い機によく使われているようなので、このリスクについて一般市民に知らせることは重要です」と、Akdis氏は述べている。

最終的に研究者達は、アルコールエトキシレートの健康への影響について、さらなる研究が緊急に必要であることを示唆している。また、レストランなどの業務用食器に残留する化学物質を個人で評価するのは難しいかもしれないが、家庭で食器を洗う際に洗剤が残留していないことを確認することは可能だ。


論文

参考文献

研究の要旨

背景

腸管上皮バリアー漏出と関連する多くの慢性炎症性疾患が増加していることから、食器洗い機用洗剤の多用などがどのような影響を及ぼすかについて検討することが求められている。

目的


業務用および家庭用食器洗浄機とリンス剤が、消化管上皮細胞の細胞毒性、バリア機能、トランスクリプトーム、タンパク質発現に及ぼす影響について検討することを目的とした。

研究方法


透過性支持体上に腸管液-液界面を構築し、細胞の直接細胞毒性、経上皮電気抵抗、細胞間フラックス、免疫蛍光染色、RNA-sequenceトランスクリプトーム、およびターゲットプロテオミクスを実施した。

結果

洗浄剤による毒性は、1:20,000 v/v希釈までの用量依存的な洗浄剤への曝露に起因することが確認された。液液界面培養、オルガノイド、ガットオンチップにおいて、特に洗浄剤による上皮バリアの破壊が観察され、経上皮電気抵抗の低下、細胞間フラックスの増加、不規則で不均一なタイトジャンクションの免疫染色が示された。洗浄剤の各成分を個別に調査したところ、アルコールエトキシレートは強い毒性とバリア破壊作用を示した。RNAシーケンスによるトランスクリプトームとプロテオミクスのデータから、上皮細胞の細胞死、シグナル伝達とコミュニケーション、発生、代謝、増殖、免疫と炎症反応におけるアップレギュレーションが明らかにされた。興味深いことに、業務用食器洗浄機の洗剤残渣から、洗浄した食器やそのまま使える食器に、細胞毒性および上皮バリアを損傷するリンス液が相当量残存していることが示された。

結論

業務用食器洗浄機で使用されている濃度のリンスにより、細胞生存、上皮バリア、サイトカインシグナル伝達、代謝に関わる遺伝子の発現が変化した。すすぎ剤に含まれるアルコールエトキシレートが、上皮の炎症とバリアー障害を引き起こす原因物質であると同定された。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする