あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

『Starfield』がSteam向けベータでDLSS 3をサポート、FSR 3も今後対応へ

Bethesdaの壮大なRPG最新作『Starfield』が発売されて数ヶ月が経過したが、最も要望の多かった追加要素の1つがベータ版として間もなく登場する。Bethesdaは本日、このゲームの次のアップデートがまもなくSteamユーザー向けにベータ版として配信されることを発表した。

「このアップデートでは、NVIDIAのDLSSのフレーム生成サポート、対応システムのディスプレイとHDRコントロール、その他の最適化と改善が行われる予定です」と、Bethesdaは今日送信された短いツイートで述べている。

このアップデートにより、NVIDIAグラフィックカードの所有者は、交換用のMODを使用することなく、専用のアップスケーリング技術を利用できるようになる。ただし、DLSS 3のフレーム生成は、NVIDIAの最新世代GeForce RTX 40シリーズグラフィックカードでのみサポートされている点には注意が必要だ。旧世代のGPU所有者は、DLSS 2を使用して解決しなければならない。

最近リリースされたAMD独自のプラットフォームに依存しないフレーム生成技術であるFidelityFX Super Resolution 3に関しては、Bethesdaによると、将来的に別のアップデートで提供されるとのことだ。このゲームは発売以来、すでにFSR 2のアップスケーリングに対応している。

これは当初Steam経由のベータ版のみのリリースとなるため、同プラットフォームのPCプレイヤーはゲームのSteamプロパティ>ベータタブからアクセスできるようになる。Bethesdaは、XboxシリーズX|SおよびMicrosoft Store (PC Game Pass)のプレイヤー向けにアップデートを実施する前に、ベータに参加したプレイヤーからのフィードバックを求めている。

Bethesdaはベータの期間として「来週」としか言っていないので、アップデートの完全なパッチノートが見られるのはその時になるだろう。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする