あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

英国政府は、これまでで最も強力なスーパーコンピューター「Isambard-AI」を構築するために2億2500万ポンド(412億円)を投資すると発表した。5,000台以上のNVIDIA GH200 Grace Hopper Superchipユニットを搭載し、毎秒200兆回以上の計算を可能にする。Isambard-AIは2024年夏に稼働を開始する予定で、ブリストル大学がホストを務め、 Bristol and Bath Science Parkにある国立複合材料センター (NCC) に設置される。

Isambard-AIは、HPE Cray EXアーキテクチャに依存し、NVIDIAのArmベースの72コアGrace CPUとHopperベースのGH100 AIおよびHPC GPUを組み合わせた5,448個のNVIDIA GH200 Grace Hopper Superchipsを搭載する。しかし、このマシンが96GBのHBM3メモリを搭載したGH200を使用するのか、141GBのHBM3Eメモリを搭載したGH200を使用するのかは明らかにされていない。これは、21エクサフロップス以上のAIパフォーマンス、すなわち大規模な言語モデルのトレーニングなどのAIアプリケーションのための1秒あたり21兆回以上の浮動小数点演算を達成することができる。ブリストル大学によると、Isambard-AIは、現在英国で最速のスーパーコンピューターの10倍高速になるという。

このスーパーコンピューターはまた、Cray Clusterstor E1000とHPE Slingshot 11インターコネクトを使用し、約25ペタバイトのストレージを搭載する。NVIDIAのGH200 Grace Hopperプロセッサーを冷却するため、Isambard-AIは、熱再利用モデルを備えた先進の直接液体冷却技術を使用する”自冷式の自己完結型データセンター”として設置されるという。

「Isambard-AIは、英国におけるAI計算能力の大きな飛躍を意味します。今日、Isambard-AIは世界で最も高速なスーパーコンピューターのトップ10に入るでしょうし、2024年後半に稼動すれば、オープンサイエンスのための最も強力なAIシステムのひとつになるでしょう」と、ブリストルの教授でIsambard National Research FacilityのディレクターであるSimon McIntosh-Smith氏は述べている。

この発表は、英国で開催されたAIセーフティ・サミットの中で行われた。このサミットでは、米国を含む複数の国の指導者が集まり、AIの将来とその潜在的なリスクについて議論している。Isambard-AIは、最終的には英国内の他のスーパーコンピューターとも接続し、パフォーマンスをさらに高めるために使用される予定だ。

Isambard AIの設立は、英国をAI技術と研究の世界的リーダーとして位置づけることを目的としている。マシンに2億2500万ポンドを費やすのに加え、英国政府は国立人工知能研究リソース(AIRR)センターの設立にさらに7500万ポンドを費やす予定だ。

NVIDIAのハイパースケールおよびHPC担当バイスプレジデントであるIan Buck氏は、「世界最速のAIスーパーコンピューターの1つを構築することで、英国は各国が独自のインフラを構築することの重要性を実証しています。Isambard-AIは、世界をリードするAIのパイオニアが使用しているのと同じ最先端のAIおよびHPCコンピューティングリソースを研究者に提供し、英国がAIと科学的ブレークスルーの次の波を導入することを可能にします」と、述べている。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする