Sonyの未発表ワイヤレスノイキャンヘッドフォン「WH-1000XM5」の仕様と大量の画像がリークされる

masapoco
投稿日 2022年4月22日 21:37
sony-wh-1000-xm5

※5月13日9時に正式に発表された。詳しくは以下の記事をご覧頂きたい。

SonyのWH-1000XM4はノイズキャンセリング付きオーバーイヤーヘッドフォンの中でも抜きん出た性能で大人気の製品だが、その後継機種とされる「WH-1000XM5」について、大量の画像と詳細な仕様がリークされた。発売はそう遠くないようだ。

この記事の要点
  • 未発表のSONY「WH-1000XM5」の仕様とレンダリング画像がリークされた
  • カラーは「ブラック」と「シルバー」(白に近い)の2色展開
  • ANC(アクティブノイズキャンセリング)オンの状態で再生時間は40時間。充電時間は3.5時間の高速充電に対応。USB-Cで充電。
  • 新型ドライバを搭載。詳細は不明。2つのプロセッサと3つのマイクで高度なANCを実現。
  • Bluetooth5.2に対応。ヘッドフォンジャックも使用できる。

SONY「WH-1000XM5」はより洗練されたデザインに

TechnikNewsが入手した情報によると、SONYの「WH-1000XM5」の外観と仕様が明らかになったとのことだ。

かなり設計が変わっており、どこかAirPods Maxに印象が似ているようにも思える。カラーは「ブラック」と「シルバー」の2色展開になる模様だ。

仕様については一部しか明らかになっていないが、リーク内容によると、ANCオンの状態での再生時間は驚異の40時間を実現しているという。充電時間は3.5時間で満充電が可能だ。これは、前機種「WH-1000XM4」に比べて10時間の再生時間強化となる。それにもかかわらず、充電時間は30分延びただけだ。充電にUSB-Cを用いることは、前世代機と変化なし。ワイヤレス充電には非対応だ。

搭載されるドライバについては不明だが、新たな物が搭載されるとのことだ。ANCの性能もアップしているとのことで、3つのマイクと2つのプロセッサによる高速処理で実現しているとのこと。

また、ヘッドフォンジャックも引き続き利用できる。

オン/オフスイッチがスライダーになったのも気になるところだ。また、ANCの切り替えボタンは、「NC/AMB(Ambient)」に表記が変更になっている。

リリース日は不明。シックな専用ケースが同梱されるとのことだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • splatoon3 kv
    次の記事

    『スプラトゥーン3』発売日が2022年9月9日に決定 – 予約受付も開始

    2022年4月24日 2:46
  • 前の記事

    iPhone 14にはオートフォーカス搭載の自撮りカメラが搭載される可能性

    2022年6月13日 18:23
    iPhone 14 AF 自撮りイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事