紫外線殺菌ガジェットには危険なものもある

masapoco
投稿日
2022年11月14日 17:45
uv mask

新型コロナウイルス感染症の大流行により、感染対策に対する私たちの行動や態度の多くが根本的に変わった。

手指衛生は、病気の蔓延を防ぐために最も早くから採用された対策の一つだが、技術に基づくアプローチも増えている。

例えば、紫外線(UV)を使って雑菌を殺す装置がブームになっている。紫外線は空気やスマートフォンなどの除菌に有効だが、適切なバリアがなければ発がんのリスクも伴う

ここでは、そういった紫外線除菌装置についてご紹介しよう。

UVサニタリーの仕組み

紫外線は、通常の条件下ではほとんどの人間が見ることができないほど、波長が短い光だ。最も偏在する紫外線源は太陽であり、真空紫外線から遠紫外線、UVC、UV-B、UV-A線(下記参照)までを放射している。

最後の 2 つは大気中のオゾン層を通過できるが、最初の 3 つはブロックされる。特に UVC は生物に有害な可能性があるため、地球上の生命にとって朗報だ。

波長250~260ナノメートルのUV-C光線は、発生したエネルギーが微生物を透過してDNAやRNAを破壊し、細胞の機能を破壊して死滅させることができる

これは、殺菌(殺細菌)UV-C放射技術に有効であるが、その効果は放射強度、光源からターゲットまでの距離、除菌する表面の種類、UV-Cが作動している波長に依存する。

このような装置でよく目にする青い光は、装飾的なものか、UV-Cを生成するために使用される化学物質が発する可視光線である

研究によると、殺菌効果のあるUV-Cを大量に放出する衛生装置は、真菌、ウイルス、細菌、原生生物(単細胞生物)を殺すのに効果的な手段である。水、空気、下水の処理、食品の安全性、医療現場、公共交通機関などでの使用に成功している。

UV-C光源は完全に密閉されており、装置が開いていると自動的に停止するため、重度の火傷を引き起こし、癌のリスクを高める可能性のある光線を人に浴びせる危険性がないことがポイントである。

紫外線は火傷の原因となり、発がん性のリスクもあるため、密閉されずに作動する紫外線衛生装置には深刻な健康被害がある。残念ながら、規制がないため、このような機器は消費者が簡単に購入でき、それによって害を受ける可能性がある。

深刻な規制の欠如

数多くの企業が、安全で効率的な完全密閉型のUV-C装置を研究開発している。

しかし、市場は規制されておらず、消費者向けに販売されている一部の怪しげなデバイスの品質と安全性には深刻な懸念がある。2020年、照明業界団体Global Lighting Associationは懸念を表明した。

「世界的にCOVID-19が流行している中、GLAは、特にインターネットで販売されている、怪しげな安全機能と不十分な安全説明を備えたUVC殺菌装置の普及を懸念している」と述べています。

インターネットなどで見かけるハンディタイプの「除菌棒」のような囲いのないUV-C製品は、非常に危険だ。皮膚や目、粘膜に影響を与える可能性がある。

健康へのリスクを考慮し、密閉されていないUV-C装置は、リモコン式か自動式に限定すべきだ。また、部屋に人がいることを検知すると電源が切れるセンサーなどの安全装置を装備する必要がある。

消費者市場に出回っているUV-C装置の安全性と有効性を確保するために、監視機関による厳格な世界的規制の導入が急がれる。

遠赤外線UVCはより安全か?

最近、この課題を解決する方法として、遠紫外線UV-Cが提案されている。207~222ナノメートルの波長で放射される遠紫外線は、皮膚への入射が「浅い」のが特徴である。しかし、遠紫外線の研究はごく最近のもので、今のところほとんどが動物を対象としている。

ヒトでの研究はほとんど行われておらず、一部は遠紫外線UV-Cデバイスを試作している企業から資金提供を受けているため、バイアスがかかっている可能性がある。文献検索のレビューでは、異なる分析パラメータが報告されており、比較の解釈が困難になっている。

いくつかの試験は開始されているが、現在までのところ数は少なく、サンプルサイズも小さい。

ヒトに対する遠紫外線の影響を完全に調査するためには、厳格な倫理的承認を得た試験が必要である。遠UV-Cが、皮膚の外側の層が薄い人、切り傷や光過敏症、様々な病状に影響を受けている人にどのような影響を与えるかについては、まだ理解が不足している。

それでもUV除菌装置が欲しい人が気をつけること

UV-Cガジェットを買うときは、用心して欲しい。人がいる中で、手や体、部屋全体を消毒できると謳っているものは絶対に買わないことだ。基底細胞がんや扁平上皮がんなどの皮膚がんは、紫外線への暴露が原因とされている。

あわせて資料を確認しよう。その機器が微生物に対して有効であるというエビデンスはあるのか。照射時間はどれくらいか、除菌対象は発生源からどれくらい離れているかなど。

また、効率的で安全な新技術や効率的なUV-C生成LEDのコストは非常に高いことを認識する必要がある。したがって、比較的「安価な」装置の効果には疑問を持つ必要があるかもしれない

UV-C市場内にグローバルな規制機関がない場合、経験則では、厳密な安全性と効率で動作する完全密閉型のUV-C装置のみを購入し、あなたではなく微生物に害を与えることだ。


本記事はThe Conversationに掲載された記事「Tempted to buy a UV light disinfection gadget? Some can be dangerous – here’s what you need to know」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 次の記事

    Amazonが1万人規模の大規模人員削減を計画、デバイス関連の開発に影響か

    2022年11月15日 5:52
  • 前の記事

    “7つ”のNVIDIA GeForce RTX 4090を搭載しベンチマークテストを行った結果が圧巻(パフォーマンスも消費電力も)

    2022年11月14日 14:09
    Angled photo of 1 7x NVIDIA GeForce RTX 4090 in mining rack 1024x576 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事