データセンター、AI、暗号通貨による電力需要は2026年までに2倍に達する

masapoco
投稿日
2024年1月27日 18:12
data centre 1

AIや暗号通貨など、近年急速な発達が見られる技術は強力なコンピューティングパワーによって支えられており、これらの需要の高まりに伴い、世界のエネルギー消費量は増加の一途を辿っている。

国際電力機関(IEA)は新しい報告書の中で、これらの産業は前例のないレベルの電力を急速に必要としており、2026年までにエネルギーグリッドへの負担を倍増させる勢いであると警告している。

IEAは、世界のエネルギー消費を分析し、その分析に基づいてエネルギー政策を提言する独立機関である。同機関が発光した「Electricity 2024」レポートの中で、IEAはデータセンター、AI、暗号通貨が2022年に合計で460テラワット時(TWh)の電力を消費し、世界のエネルギー需要の2%近くを占めると書いている。この3つのカテゴリーすべてへの関心が年々高まっており、暗号通貨でさえも、IEAは年間需要が800TWhに増加すると予測している。IEAのモデルでは、年間600TWhを「ローケース」、年間1,050TWhを「ハイケース」とし、若干の幅を持たせているが、実際の需要はその中間となるだろう。

IEAによれば、世界のエネルギーグリッドにかかる負担は、「少なくともスウェーデン1国、多くてもドイツ1国」の追加に相当するという。

データセンターはリソースが多く、コンピューティング、冷却、そしてIEAが「関連IT機器」と呼ぶもののためにエネルギーを必要とする。これらのカテゴリーは、データセンターの総電力使用量のおよそ40%、40%、20%をそれぞれ占めている。世界がデジタルデータに依存し続ける中、そのデータを維持するためのコンピューターや冷却装置がより多くの電力を消費し、現在世界に8000以上あるデータセンターは今後更に拡大することは確実だ。

当サイトの読者ならば驚くことではないだろうが、AIはエネルギー需要の増加の主要因である。IEAは、Googleが大規模言語モデルGeminiに基づくBardの展開を加速させるにつれ、電力需要が「10倍」に増加すると予測している。チャットボット、画像ジェネレーター、その他のAIベースのツールは、開発、訓練、維持に多くのエネルギーを必要とするだけでなく、使用する際にも信じられない量の電力を必要とする

暗号通貨も今後2年間でより多くのエネルギーを必要とするようになると予想されている。IEAは、世界第2位の暗号通貨であるEthereumが、2022年にマイニングの仕組みをプルーフ・オブ・ステーク・モデルに切り替えることで、電力消費量を99%削減することに成功したがそれにもかかわらず、IEAは、ビットコインや他の暗号通貨は、他の分野での増加によって省エネが相殺され、40%以上の電力を必要とすると予測している。

こうした多くのネガティブな報告が続くが、IEAはクリーンエネルギーが世界のエネルギー需要の多くを徐々に支えつつあり、2025年初頭には世界の発電量の3分の1以上を供給する事、先進国ではCO2排出量が徐々に減ってきていることも合わせて報告している。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • chatgpt unsplash
    次の記事

    ChatGPTの新機能”@GPT”がOpenAIのユニバーサルアシスタント構想を切り拓く

    2024年1月28日 6:30
  • 前の記事

    OpenAIのAltman CEOがSamsungやSK hynixら半導体メーカー幹部と会談を実施

    2024年1月27日 17:51
    open ai logo
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

今読まれている記事