OpenAIのAltman CEOがSamsungやSK hynixら半導体メーカー幹部と会談を実施

masapoco
投稿日
2024年1月27日 17:51
open ai logo

ChatGPTを開発したOpenAIのCEOであるSam Altman氏が、韓国の半導体企業を相次いで訪問する予定である事が報じられている。

事情に詳しい関係筋の話として、Altman氏はSamsung Electronics及びSK hynixの幹部らと会合を持ち、以前報じられたチップ製造について話し合う予定とのことだ。その際Altman氏は、Samsungのチップ製造工場を視察する予定でもあるという。

OpenAIが1年以上前にChatGPTをリリースして以来、AIアプリケーションへの関心は急上昇し、AIプログラムの構築と実行に必要なコンピューティング・パワーとプロセッサーの大規模な需要に拍車をかけている。Altman氏は、社会のAI需要に対して、コンピューティングパワー不足が問題である事を繰り返し述べてきていた。

以前Bloombergが報じたところによると、Altman氏は半導体を製造する工場網を構築するため、数十億ドルの資金調達に取り組んでいるとも伝えられている。Altman氏は、顧客の設計に合わせてチップを製造するファウンドリー事業を拡大する可能性があるとの事だ。

今回報じられたSK hynixとSamsung Electronicsはともに、AIアクセラレータで使用される広帯域メモリー(HBM)チップを製造しており、SamsungはTSMCと競合するチップの受託製造も行っている。

韓国政府は今月、2047年までの数年間に民間セクターから622兆ウォン(68兆円)を投資し、世界最大規模の半導体製造拠点を構築する計画を発表している。ここでは既存の21の工場に加え、13の新しいチップ工場と3つの研究施設を建設するために資金を投入する予定だ。平沢から龍仁にまたがるこの地域は、2030年までに月産770万枚のウェハーを生産できる世界最大規模になると予想されている。

世界最大のメモリーチップメーカー2社は、最も洗練されたチップ工場を国内に建設しようとしている。Samsungは、2047年までに500兆ウォンを投資する一環として、ファウンドリーの拡張に大きく賭けている。SK hynixは、同期間に龍仁のメモリーに122兆ウォンを投資することを目標としている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • data centre 1
    次の記事

    データセンター、AI、暗号通貨による電力需要は2026年までに2倍に達する

    2024年1月27日 18:12
  • 前の記事

    ESA、天文学の真のゲームチェンジャーとなる野心的な「LISA」計画にゴーサイン

    2024年1月27日 16:22
    LISA inspired artwork
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事