イーサリアムが過去最大の変更「マージ」を実施、取引に関わるエネルギー消費量が99.95%削減へ

世界第2位の暗号通貨である「Ethereum(イーサリアム)」の開発者は、この通貨のマイニングを排除し、エネルギー消費を劇的に削減するアップグレード「Merge(マージ)」を実行したことを発表した。この動きによって、「イーサリアムをプルーフ・オブーステークコンセンサスへの移行を完了し、公式にプルーフ・オブ・ワークを非推奨とし、エネルギー消費を〜99.95%削減しました」とブログに書かれている。

イーサリアムのブロックチェーンは2015年7月から存在しており、今日の変更の計画は数年前から進められてきた。移行に失敗すれば混乱を招く恐れがあったため、過去1年間、イーサリアムの開発者は準備に時間をかけながら慎重に開発を進めていた。新システムでは、ブロックチェーンの維持と新しいイーサの作成にこれまで必要だった強力なグラフィックカードを必要としないため、マージは「世界のイーサリアムマイナーを仕事から解放する」としている。

DigiconomistのEthereum Energy Consumption Indexによると、マージ前、イーサリアムの年換算電力消費量はチリのそれに匹敵し、二酸化炭素排出量は香港に匹敵していたようだ。

マイニングはもう必要ない

イーサリアムの公式サイトでは、マージについて「イーサリアムのオリジナルの実行層(創世記から存在するメインネット)とその新しいプルーフ・オブ・ステークのコンセンサス層であるビーコンチェーンとの接合である」と説明されている。エネルギーを大量に消費するマイニングの必要性をなくし、代わりにステークされたイーサを使ってネットワークの安全性を確保することを可能にしている。

ビーコンチェーンは、2020年12月に “メインネットとは別のブロックチェーンとして、並行して稼働する”ように作成された。多くのテストを経て、引き継ぐ準備が整ったのだ。

「ビーコンチェーンはもともとメインネットのトランザクションを処理していたわけではありません。その代わりに、アクティブなバリデータとそのアカウント残高に合意することで、自身の状態についてコンセンサスを得ていました。広範なテストの後、Beacon Chainは実世界のデータでコンセンサスを得る時が来た。The Mergeの後、Beacon Chainは実行層の取引と口座残高を含むすべてのネットワークデータのコンセンサスエンジンになりました。」とEthereum.orgのマージページには書かれている。

この変更が完了した今、マイニングはもはや有効なブロックを生成する手段ではなくなった。代わりに、プルーフ・オブ・ステークのバリデーターがこの役割を採用し、すべての取引の有効性を処理し、ブロックを提案する責任を負うようになった。メインネットとビーコンチェーンの接合は、「イーサリアムの全取引履歴もマージされた」ので、その過程で歴史が失われることはなかった。

この変更は、イーサを保有する人々にとってシームレスであるべきだ。資金はこれまで通り、ユーザーが何もしなくてもアクセスできる。「古いETH」/「新しいETH」、「ETH1」/「ETH2」などというものは存在せず、ウォレットはマージ後もマージ前と全く同じように機能する。「そうではないと言う人は詐欺師の可能性が高い」とイーサリアムプロジェクトは述べている。

発行されるエーテルが少なくなる

Ethereum.orgの別のページでは、マージ後にETHの発行がどのように変わるのか、なぜ発行するETHが少なくなる必要があるのかが説明されている。

Beacon Chainのバリデーターは、チェーンの状態を証明し、ブロックを提案することでETHの報酬を得ます。報酬(またはペナルティ)は、バリデータのパフォーマンスに基づいて、各エポック(6.4分ごと)に計算され、分配される。バリデータの報酬は、プルーフ・オブ・ワークで発行されるマイナーの報酬(13.5秒ごとに2ETH)よりもかなり少ない。これは、バリデータ・ノードの操作が経済的に激しい活動ではないため、それほど高い報酬を必要としない、または保証されないためである。

これに対し、「マイニングは経済的に集約された活動であり、維持するためには高いレベルのETH発行が必要です」とページには書かれています。マージ以前は、マイニングの報酬は1日あたり合計約13,000ETH、ステーキングの報酬は1日あたり1,600ETHだった。

「合併後は、1日あたり1,600ETHが残るのみとなり、新規ETH発行量は90%減少する」と同ページは述べている。プルーフ・オブ・ステークの説明によると、参加するには、「バリデータは明示的にイーサリアム上のスマートコントラクトにETHという形で資本を出資する。このステークされたETHは、バリデータが不正や怠惰な振る舞いをした場合に破棄される担保として機能します。」とのことだ。

バリデータは32ETHを預託契約に預け、実行クライアント、合意クライアント、バリデータを含むソフトウェアを実行する必要がある。

「プルーフ・オブ・ワークでは、ブロックのタイミングが採掘難易度によって決まるのに対し、プルーフ・オブ・ステークではテンポが固定されています。プルーフ・オブ・ステークのイーサリアムにおける時間は、スロット(12秒)とエポック(32スロット)に分けられます。各スロットには、ブロック提案者となるバリデータがランダムに1人選ばれます。このバリデーターは新しいブロックを作成し、ネットワーク上の他のノードに送信する役割を担っています。また、各スロットにおいて、バリデータの委員会がランダムに選ばれ、その投票によって提案されているブロックの正当性を判断するのです。」とプルーフ・オブ・ステーク・ページには書かれている。

GPU市場に大きな影響

おそらくユーザーにとってより重要なのは、マージとプルーフ・オブ・ステークへの移行により、2015年7月から続いていたイーサリアムネットワークでのGPUマイニングについに終止符が打たれたことだ。つまり、もう高性能なグラフィックスカードは必要ない。このことは、昨今の暗号通貨の暴落により、GPU市場の需要が急激に減少し、今でも続くグラフィックスカードの価格下落に更に拍車をかける物と思われる。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする