あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NASAとAxiom Space、月で着用する宇宙服を一部公開

NASAAxiom Spaceは、次に月に着陸する宇宙飛行士が着用する新しい宇宙服について、最初の限定公開を行った。Artemisミッションで着用されるAxiom Extravehicular Mobility Unit(AxEMU)宇宙服は、ヒューストンのジョンソンスペースセンターで行われたイベントで、スーツに関する独自情報を漏らさないために、部分的にしか公開されなかった。

「月で着用する宇宙服は、熱を反射して極端な高温から宇宙飛行士を守るために白でなければならないため、現在、スーツ独自のデザインを隠すためのカバー層が展示目的のみに使用されている」と、Axiom Spaceはプレスリリースで述べている。

しかし、アポロのスーツや国際宇宙ステーションで宇宙飛行士が船外活動を行う際に着用する現在の宇宙服と比べて、新型スーツの機能、性能、能力が向上していることがわかる展示があった。

「スペースシャトル計画のために設計されたスーツ以来、40年間も新しいスーツがなかった」と、NASAジョンソン宇宙センター所長のVanessa Wyche氏は、公開イベントに登壇して語った。「Axiom Spaceは、NASAが提供したデータと研究をもとに、より機能的なスーツを作り上げました。今後も安全なスーツを作るために、彼らと協力していくつもりです」

nasa space suit 1
Axiom Spaceのエンジニア、Jim Stein氏が新型AxEMUのプロトタイプを着用している (via NASA TV)

Axiom Spaceのエンジニア、Jim Stein氏は、新型スーツのプロトタイプを着用し、歩き回り、スクワット、ランジ、膝立ちなどを行い、新型スーツの腕がどれほどの柔軟性を持つかも展示した。

「これは、アポロのスーツと比較して大きな改善を意味します」と、Axiom Spaceの船外活動担当副プログラム・マネージャーであるRussell Ralston氏は、次のように述べている。「アルテミス宇宙飛行士は、より快適で、岩を拾うために簡単に手を伸ばすことができるなど、より簡単に操作することができるようになります」

NASAは、この宇宙服はNASAの宇宙服プロトタイプの開発に基づいており、最新技術、強化された機動性、月での危険からの保護の追加を組み込んでいると述べている。NASAはまた、Axiom Spaceによるこれらの次世代宇宙服の開発は、「宇宙探査における重要なマイルストーンであり、太陽系とその先の世界をより深く理解することを可能にする」と述べている。

axiom axemu full
Artemis IIIの宇宙服プロトタイプ「AxEMU」。このプロトタイプではダークグレーのカバー素材を使用しているが、最終的にはNASAの宇宙飛行士が月面で着用する際には、宇宙という過酷な環境で作業する宇宙飛行士の安全と涼しさを保つために、白一色になる可能性が高いという。 (Credit: Axiom Space)

Artemis計画は、女性初、有色人種初の月面着陸を意図している。Artemis IIIミッションは、2025年に月の南極付近に着陸する予定だ。

新しいAxEMUは、これまでのNASAのスーツとは異なり、背中に「ハッチ」(バックエントリーデザイン)があり、宇宙飛行士が後ろからスーツに乗り込むことができるワンピース型のスーツだ。スーツのコア構造となる硬い胴体に、さまざまな可動関節を持つ腕と脚を備えている。腕と脚は、カスタムフィッティングのために交換することが出来る。スーツ後部のバックパックには、熱や冷却、呼吸に必要な空気、さらには食料や水などの生命維持管理システムが搭載されている。

nasa space suit 2
新型AxEMUスーツの背面の様子。右はAxiom Space社の船外活動担当副プログラムマネージャー、Russell Ralston氏 (via NASA TV)

硬い胴体上部にはヘルメットバブルが取り付けられ、上部には、宇宙飛行士が影になった場所や月夜を見るためのライトを含むバイザーアセンブリがある。また、船外活動を記録・伝送するためのHDビデオカメラも設置され、地球にいる私たちも一緒に見ることが出来る。Ralston氏は、月面で長時間作業するためには柔軟性と耐久性が必要であるため、新しい手袋は設計の重要な部分であると述べている。月面の南極にある永久影絵のようなクレーターでの作業は特に寒くなるため、新しいブーツは完全な断熱構造になっている。

JSCにあるNASAの船外活動・人体表面移動プログラムオフィスが10年にわたる研究を行い、Axiomのスーツデザイナーと共有した。

このプログラムのマネージャーであるLara Kearney氏は、「私たちには厳しい要件がたくさんありました」と語る。「月は敵地であり、南極は特に熱的な要件でチャレンジになりそうです。また、アルテミスの宇宙飛行士がアポロ時代よりも効率的に移動できるよう、より高い機動性も求めていました。しかし、私たちは、Axiom Spaceのために専門知識、助言、指導を提供するために、すべての知識と経験をテーブルに持ち込みました」

本日公開されたダークなカバーについて、Axiom Spaceは、Apple TV+シリーズ「For All Mankind」の衣装デザイナーEsther Marquisとコラボレーションし、Axiom Spaceのロゴとブランドカラーを使ったカスタムカバーレイヤーを作成したと述べている。


この記事は、NANCY ATKINSON氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする