驚き!日本の月着陸船SLIM、凍てつく月の夜の後に目覚める

masapoco
投稿日
2024年2月27日 11:48
JAXA SLIM

日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)は、2月1日、月着陸船「SLIM」の裏返しの電源が落ちた後、復活するとは思っていなかった。しかし、まさにその通りになった。

「昨晩、コマンドを送信したところSLIMから応答がありました。SLIMは通信機能を維持しての月面での越夜に成功しました!」と、SLIMミッションチームは本日、X / Twitterへの投稿で報告した。

これはSLIMにとって初めての復活ではなかった:箱型の探査機は、1月19日から20日にかけて着陸して横に倒れ、太陽電池アレイがバッテリーを充電できない位置に落ち着いた。電力を節約するため、ミッション・マネージャーは探査機を休止状態にし、太陽の光がより良い角度でパネルに当たるのを待った。

チームは着陸機を復活させ、数日分の科学データを取得した後、再び冬眠状態に戻した。ミッション・マネージャーたちは、これで終わりかもしれないと思った。14日間の月の夜、地表の気温は華氏マイナス200度(摂氏マイナス130度)まで下がると予想されていた。

月の夜は数日前に終わった。SLIMのソーラーパネルに再びバッテリーを充電する機会を与えた後、JAXAのチームはチェックインすることにした。回路が再び暖かくなったのだ。SLIMのチームメンバーによると、着陸機が接触を再開したとき、いくつかの機器は華氏212度(摂氏100度)よりも熱くなっていたという。それは彼らにとっては熱すぎる。

「昨晩はまだ月の昼で通信機器の温度が非常に高かったことから短時間の運用のみで通信を終了しています。今後、温度が十分に下がったところで観測を再開できるように準備を進めます」。

この情報からすると、SLIM(「Smart Lander for Investigating Moon」の頭文字をとったもの)は、次の月の夜まで再びスリープ状態にしなければならなくなる前に、数日間しか作業をすることができないようだ。しかし、何もしないよりはマシだ。以前SLIMが科学的な観測を行った際には、栞(しおり)クレーター付近でマルチスペクトル観測を行った。

SLIMの目覚ましい復活は、先週月の南極付近に着陸し、今から約1週間後の日没まで稼働する見込みのIntuitive Machines社の着陸機オデュッセウスの開発チームの期待も高めるかもしれない。SLIMと同様、オデュッセウスはオフキルターな着陸を行った。SLIMと同様、オデュッセウスは月の夜を生き抜くようには設計されていない電子機器を搭載していた。SLIMのように、オデッセウスもまた、来るべき夜が明けた後、目覚めのコールを受けるだろう。

更新:SLIMチームは着陸船からの新しい写真を投稿した。「SLIM越夜後運用にて、航法カメラでの撮像を実施しました!」と、チームはX / Twitterに日本語で投稿した:


この記事は、ALAN BOYLE氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • jet eurofusion
    次の記事

    AIが核融合実現に立ちはだかる重要な問題を解決してくれる可能性が示される

    2024年2月27日 12:24
  • 前の記事

    3Dプリンターで造られたチタンメタマテリアルが驚異的な軽さと強度を示す

    2024年2月27日 11:22
    Cube02bannerexpandedweb3
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

  • nasa HULC test

    NASA、アルテミス宇宙飛行士の月面撮影にNikonのミラーレスカメラ「Z 9」を採用

  • 2024 ph i carpenter graphic

    月の望遠鏡でどんな天文学が可能か?

  • 240223 crater scaled 1

    オデュッセウス月着陸船、転倒するもデータは送信中

  • Odysseus

    米探査機オデュッセウス、月着陸で宇宙史に名を刻む

今読まれている記事