米探査機オデュッセウス、月着陸で宇宙史に名を刻む

masapoco
投稿日
2024年2月24日 13:41
Odysseus

Intuitive Machines社の着陸船「オデュッセウス」が本日、宇宙史にその名を刻んだ。月への降下を生き延びた初の民間宇宙船であり、1972年のアポロ17号以来となる米国製宇宙船である。しかし、問題なく着陸できたわけではない。

地上管制官は、予定されていた午後6時23分(東部標準時で23時23分)のタッチダウン直後に、ロボット型着陸船とのコンタクトを確立するのに苦労した。数分が経過した後、Intuitive Machines社のミッション・ディレクターであるTim Crain ンが、オデュッセウスのハイゲイン・アンテナからかすかな信号が届いていることを報告した。

「我々はまだ死んでいない」と彼は言った。

数分後、IM-1ミッションチームは、この信号がオデュッセウスがまだ活動している十分な証拠だと判断した。

「間違いなく確認できるのは、我々の機器が月面にあり、送信しているということだ」とClainは言った。「IMチーム、おめでとう。そこからどれだけのものが得られるか、見てみよう」。

ミッションチームのメンバーが拍手を送る中、Intuitive Machines CEOのSteve Altemusが無線で祝福の言葉を送った。「これは苦戦を強いられたが、我々は地表に到着し、送信している。「月へようこそ」。

「ヒューストン、オデュッセウスは新しい故郷を見つけました」。

オデュッセウスの目的

ギリシャ神話に登場する航海の英雄にちなんで名付けられたオデュッセウスは、2月15日にNASAのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。このミッションの目的は、NASAと民間顧客からのペイロードを月の南極地域にあるマラパートAクレーターの近くに届けることだった。そのクレーター状の地形には水の氷の資源があると考えられているため、月のその地域は高い関心を集めている。

NASAは、ヒューストンに拠点を置くIntuitive Machines社に、商業月ペイロード・サービス・イニシアチブの条件に基づき、この納入に対して1億1800万ドルを支払っている。

NASAのペイロードには、着陸によって巻き上げられた塵の噴煙を記録するために設計されたカメラシステム、実験的な無線航法ビーコン、無線ベースの燃料計、レーザー距離計、レーザー反射器一式、月の電子プラズマ環境を研究するセンサーなどが含まれる。実験から得られたデータは、NASAがアルテミス計画の有人月面着陸を計画する際に役立つ可能性がある。

商業的なペイロードは、大理石サイズの月の彫刻125個とデジタルデータ記憶装置が入った箱から、月面と上空の天の川の写真を撮影できるミニ天文台まで多岐にわたる。また、降下中に投下してタッチダウンの「自撮り」写真を撮影するように設計されたカメラシステムもある。

バックアップシステムが活躍

オデュッセウスは2月21日に月周回軌道に到達し、高度92km(57マイル)から降下するための一連のマヌーバを本日行った。

NASAのレーザー距離計は、ナビゲーション・ドップラー・ライダー(NDL)として知られ、降下を誘導する重要なバックアップの役割を果たした。着陸の数時間前、Intuitive Machines社によると、管制官はオデュッセウス自身のレーザー距離計を作動させることができず、代わりにNASAのNDLシステムを使用するよう着陸船をプログラムし直した。

着陸後、Intuitive Machines社のミッション・コントロール・チームは、機器をリセットし、オデッセウスからの信号を高めることを目的とした一連の手順を実施した。

「通信のトラブルシューティングの後、フライトコントローラーはオデッセウスが直立し、データを送信し始めていることを確認した」と、Intuitive MachinesはX / Twitterへの投稿で報告した。「現在、月表面からの最初の画像のダウンリンクに取り組んでいる」。

オデュッセウスが下降の最終段階で軌道を外れ、斜めに着陸してしまった可能性がある。1カ月前、日本のSLIM宇宙船が月面着陸地点で不格好な姿勢に転倒したときがそうだった。SLIMの太陽電池アレイは、科学観測のための電力を十分に吸収することができた。

最良の状況であっても、太陽電池駆動のオデュッセウス着陸機が月面で稼働するのはわずか7日間と予想されている。太陽が月の地平線の下に落ち、回路が冷え込む月夜が始まるころ、ミッションは終了する予定だ。

過去と未来の月面ロボット

NASAのJoel Kearns副次官(探査担当)は着陸に先立ち、商業月面着陸が完全に成功する確率は低いと指摘した。

「これは、我々がこれらの企業に依頼した簡単なことではないが、もし彼らが成功すれば、アメリカの探査にとって非常に大きなプラス面があるため、我々はそれを試さなければならない」とKearns氏は語った。

先月、ピッツバーグを拠点とするAstrobotic社は、打ち上げ後に検出された推進剤漏れのために、月面に着陸機ペレグリンを送ることを逃した。この1年は、ロシアと日本の民間ベンチャーによる月面着陸の失敗と、宇宙航空研究開発機構のSLIMチームとインドの宇宙機関による成功があった。

NASAのカレンダーには、さらに多くの商業月面着陸の試みが予定されている:Intuitive Machines社はすでに、月の南極で氷を掘削する別の着陸機の開発に取り組んでいる。一方、Astrobotic社はNASAの探査機VIPERを南極付近に送り込む準備を進めており、Firefly Aerospace社はBlue Ghost着陸機で10個のNASAペイロードをマーレ・クリシウムに届ける予定だ。

NASAのBill Nelson長官は、オデュッセウスが地表への降下を生き延びたと仮定して公開された、事前に録音されたビデオメッセージの中で、ポジティブな点を強調した。

「今日、半世紀以上ぶりに米国は月に帰還した。「今日、人類の歴史上初めて、アメリカの民間企業が打ち上げ、月への航海を指揮した。今日は、NASAの商業的パートナーシップの力と可能性を示す日だ。…この偉業は、全人類にとって大きな飛躍である。ご期待ください」。

期待しているよ。


この記事は、ALAN BOYLE氏によって執筆され、Universe Todayに掲載されたものを、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示4.0 国際)に則り、翻訳・転載したものです。元記事はこちらからお読み頂けます。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • cc03c49cfb22d4728eb2d321f49bf434
    次の記事

    ソフトウェアの改良だけでコンピューターの処理速度が2倍、エネルギー使用量が半分に

    2024年2月24日 14:46
  • 前の記事

    Apple、顧客サポートスタッフ向けに独自開発のAIツール「Ask」をテスト中

    2024年2月24日 12:10
    apple store istambul
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Image SN 2023ixf Zimmerman

    超新星による爆発をほぼリアルタイムで観察することに成功した

  • log 2048

    銀河系巨大ブラックホール周辺の磁場が新たな視点で明らかに

  • aurora

    2017年以来最強の太陽嵐が地球を襲い北半球の多くの地域でオーロラが観察された

  • Low Res A massive and ancient galaxy

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、史上最遠の銀河合体を観測

  • Euclid looking into the Universe

    氷がユークリッドの光学系を覆い始めた

今読まれている記事