あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

NikonはNASAと協力し、宇宙飛行士がアポロ計画以来数十年ぶりにおこなう月への帰還を記録するため、月面での使用に耐えうるミラーレスカメラの開発で協力することを発表した。NASAとの間に締結されたスペース・アクト契約では、低照度での撮影と過酷な月面環境での使用に耐えるカメラシステム「手持ち型ユニバーサル月面カメラ(Handheld Universal Lunar Camera: HULC)」の開発が進められる。

2026年9月の打ち上げが予定されている有人ミッション「アルテミスIII」は、月の南極を探査することを目的としている。月の南極は、永久に影となるクレーターの中に水の氷が存在する地域である。

NASAの専門家はすでに、月面で運用するためにどのようなスペックが必要かを把握するため、市販のNikonのミラーレスカメラ「Z 9」で初期テストを実施した。すでに熱、真空、放射線のテストに使用されており、その改良版がニッコールレンズとともにHULCシステムのベースとなっている。HULCの設計では、NASAが設計したサーマルブランケットも採用され、埃や極端な温度からカメラを保護し、放射線による潜在的な問題を最小限に抑えるために電気部品も変更されています。また、手袋をはめたクルーがカメラシステムを操作しやすいように、ボタンが改良されたカスタムグリップが使用されている。

nasa z9 test

この新しいカメラは、アポロ計画で宇宙飛行士が使用したハードウェアに比べ、はるかに柔軟性があるはずだ。これらのカメラにはビューファインダーがなく、ビデオ用と写真用に別々のユニットを使用しなければならなかった。ニコンの新しいカメラにはファインダーがあり、静止画と動画の両方を撮影できる。

HULCは、NASAが50年以上ぶりに人を月面に着陸させることを目指すアルテミスIIIで使用される。NASAは最近、アルテミスIIとアルテミスIIIを延期した。現在、後者は早くても2026年9月まで実現しないと予想されている。NASAはまた、事前にその機能をデモするためにカメラを国際宇宙ステーションに送る計画もあると述べている。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする