あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Mozilla、Web上に漏洩した個人情報を消去する「Mozilla Monitor Plus」サブスクリプションサービスを開始

Mozillaは本日、Web上のデータブローカーサイトから、ユーザーの個人情報や機密情報を探し出し、自動的に削除するための新しいサブスクリプションサービス「Mozilla Monitor Plus」を発表した。対象となる情報には、電話番号、電子メール、自宅住所などがあり、このサービスでは、データブローカーのWebサイトで公開され、営利目的で販売されている情報を削除する機能も含まれるという。

Mozilla Monitor Plusは、以前Firefox Monitor(現在はMozilla Monitor)として知られていた無料サービスの上に構築されている。以前はFirefox Monitorは、2018年に開始された。これはHave I Been Pwnedとの提携によるもので、個人データが流出したかどうかを判断するためのサービスだった。現在もMozilla MonitorサービスはHave I Been Pwnedのデータベースに基づいており、ユーザーのデータがダークWeb上で検出された場合に通知してくれる。

今回発表された、Mozilla Monitorのプレミアムバージョン「Mozilla Monitor Plus」は、ユーザーの個人データを自動的に削除する点で、さらに一歩進んだものだ。Mozilla Monitor Plusはまた、新たな侵害についてインターネットを継続的に監視するだけでなく、ユーザーの個人データを収集する可能性のあるWebサイトを毎月190件までスキャンする。年間プランで月額8.99ドル(または月額13.99ドル)で、これらの追加機能を利用することができる。

では、流出したデータをどのように削除するのだろうか?Mozilla MonitorのプロダクトマネージャーであるTony Cinotto氏がThe Vergeにメールで語ったところによると、MozillaはOnerepという会社と提携し、これらのスキャンとそれに続く削除要請を行っているとのことだ。リクエストの処理には通常7日から14日かかり、情報を削除できないこともあるという。Mozillaは努力を続けるが、Plusのメンバーには自分で削除を試みるための指示も出すとのことだ。

Mozilla Monitor Plusでは、190以上のデータブローカーサイトから個人情報を削除できるとMozillaは主張している。その上、Mozilla Monitor Plusは毎月定期的にチェックを行い、”あなたの個人情報がデータブローカーサイトに残らないようにする”とのことだ。

一方、無料のMozilla Monitorのユーザーは、氏名、現在の市町村、生年月日、電子メールアドレスを提供する必要があるスキャンを1回だけ無料で受けることができる。Mozillaは、この情報は暗号化されたままであり、”あなたのために最も正確な検索結果を得るために必要な最小限の情報である”と述べた。

「我々はまた、高リスクのデータ漏洩-社会保障番号、クレジットカード情報、あなたの銀行口座や暗証番号を含むかもしれない暴露-を含み、あなたがそれを修正し、解決する方法を示す」と付け加えた。

ツールのデータ削除と継続的な監視に加えて、手動で削除リクエストを開始することもできる。無料のMozilla MonitorスキャンとMozilla Monitor Plusの有料サブスクリプションは、現在米国内のユーザーが利用できる。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする