Microsoftは検索サービス「Bing」をAppleに売却しようとしていた

masapoco
投稿日
2023年9月29日 10:55
edge bing skype

Microsoftの検索サービス「Bing」は、これまであまり注目を集めることはなかったが、今年OpenAIのおかげでその名が広く知られ、テック業界でも注目すべきサービスの1つへと変貌を遂げた。だがこのBing、ほんの数年前にはMicrosoftがAppleに売却しようと持ちかけたことがあったようだ。

Bloombergが匿名の情報筋の話を引用して伝えたところによると、2020年にMicrosoftの代表がAppleのサービス担当副社長だったEddy Cue氏とミーティングを行い、MicrosoftがAppleにBing部門の買収を提案したという。

しかし、この話し合いは検討段階を超えることはなかったと伝えられている。この記事では、Appleがこのような取引に踏み切らなかったのにはいくつかの理由があったとしている。ひとつは、AppleがiPhoneのようなAppleのデバイスのデフォルトの検索エンジンとしてGoogleから得る収益に非常に満足していたらしいことだ。

また、もう一つの理由は、Appleが “BingがGoogleと品質や機能で競争する能力についても懸念していた”ことだという。

Appleは、iOSとiPadOSのデフォルト検索エンジンとしてのGoogleにその権利を与える見返りに、年間200億ドル以上を手にしていると考えられている。iPhoneのデフォルトを切り替えるには、設定メニューで数回タップするだけで、実は簡単なことなのだが、実際にこれを実行しているユーザーはほとんどいないだろう。

BloombergのMark Gurman氏が指摘するように、MicrosoftのエンジンはiOS 7から数年間、SiriとSpotlight検索のデフォルトだった。これをより大きなシフトの序章と見る向きもあったが、Appleが全面的に移行することはなかった:Safariは常に現状を維持し、顧客が期待するGoogleの検索結果を維持していた。2016年頃、Tim Cook最高経営責任者(CEO)とMicrosoftのSatya Nadella最高経営責任者(CEO)の間で、記念碑的な変化をもたらす可能性のある新たな契約に関する会議があったが、実現することはなかった。

AppleとGoogleは直近で2021年に契約を延長しており、その前年のMicrosoftの売り込みは、おそらくその更新計画に一石を投じる試みだったのだろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • epic games logo
    次の記事

    『Fortnite』開発のEpic Gamesが全従業員の16%についてレイオフ実施

    2023年9月29日 11:39
  • 前の記事

    NVIDIA、フランスの規制当局から反トラスト法関連で捜査を受ける

    2023年9月29日 10:17
    nvidia ceo jensen huang with geforce rtx 4090 gpu
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • Babylon 7

    Microsoft、Webゲーム用のグローバルイルミネーションサポートを追加したBabylon.js 7.0を公開

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

今読まれている記事