NVIDIA、フランスの規制当局から反トラスト法関連で捜査を受ける

masapoco
投稿日
2023年9月29日 10:17
nvidia ceo jensen huang with geforce rtx 4090 gpu

フランスの反トラスト当局が最近、グラフィックス・カード分野で非競争的慣行に関与している疑いのある企業の家宅捜索を行った。フランスの競争当局は、このような家宅捜索は法律違反を意味するものではなく、事件の是非を徹底的に調査するプロセスの一環であると明らかにしている。

この捜査に関わっているNVIDIAは同局からの捜索に関し、明確な言及を受けなかったが、この件に関してはコメントしていない。この進展は、人工知能アプリケーション用チップの供給におけるNVIDIAの優位な立場への関心が高まっていることを示している。NVIDIAのグラフィック・プロセッサー・ユニット(GPU)は、当初はゲーム用途で有名だったが、現在では大規模言語モデルやその他のAIソフトウェアの学習に使用されるAIシステムに不可欠なコンポーネントとなっている。

規制当局からの簡単なプレスリリースによると、フランス競争庁は、「グラフィックスカード分野で反競争的慣行を実施した疑いのある企業」に対して抜き打ち捜査を行った。この捜査は、クラウド・コンピューティング市場の健全性に関する大規模な調査と関連しており、新規参入企業が既存の大企業によって不当に搾り取られていないかどうかを特定することに重点が置かれていた。先の調査結果は6月に発表され、AWS、Google Cloud、Microsoft Azureの3つの「ハイパースケーラー」に焦点が当てられていた。当局は今回の調査に関し、以下のように述べている:

自由および身柄拘束判事の許可に基づき、フランス司法省の調査局は、グラフィック・カード分野で反競争的慣行を行った疑いのある企業の施設に夜明けの家宅捜索を行った。

これは、2023年6月29日に発表された同分野の競争に関する意見書の対象となった、フランス競争監視庁によるクラウドへの重点的な取り組みの一環である。

このような夜明けの家宅捜索は、疑惑の慣行に関与した企業に帰属しうる法律違反の存在を前提とするものではない。

このことは、適切であれば、事件の真相を完全に調査することによってのみ立証できる。

Autorite de la concurence

今回の家宅捜索は、フランスの競争当局がクラウド・コンピューティング分野の競争に関する報告書を発表したことを受け、自由と身柄拘束の裁判官によって許可された。IntelやAMDなどのライバルがAIチップ市場で競争しようと努力しているが、NVIDIAのH100プロセッサは牙城を保っており、市場シェアの80%以上を占めているとの試算もある。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • edge bing skype
    次の記事

    Microsoftは検索サービス「Bing」をAppleに売却しようとしていた

    2023年9月29日 10:55
  • 前の記事

    元AppleのIve氏とOpenAIは、「AIのiPhone」となる製品の開発に乗り出す

    2023年9月29日 6:51
    open ai logo
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • cyberpunk 2077 night city wire june 2020 nvidia geforce rtx exclusive screenshot 001

    Microsoft、SSDを活用し少ないVRAMでもレイトレーシング性能を向上出来る手法の特許を公開

  • nvidia gtc24 skhynix gddr7 2 1920px

    SK hynix、GTCにおいて最大40Gb/秒となるGDDR7メモリを展示

  • GDDR7 DRAM PR main1

    Samsung、NVIDIA GTCで32Gb/秒GDDR7メモリ・モジュールを披露

今読まれている記事