Microsoft、最新四半期は売上高527億ドル、XboxとWindowsの業績が低調

masapoco
投稿日 2023年1月25日 13:35
microsoft

1万人の人員削減を発表したMicrosoftは、本日2023年度第2四半期の決算を発表し、売上高が527億ドルで前年同期比2%増、純利益は164億ドルで同12%減となったことを発表した。

事業部門別では、Office製品を含むProductivity and Business Processes事業部門の売上高は170億ドルで、前年同期比7%増、Office Business Products and Cloud Servicesの売上高は7%増、Office 365 Business Productsの売上高は11%増、Office Consumer Products and Cloud Servicesの売上高は2%減となった。Microsoft 365のコンシューマー向けユーザー数は6,320万人に増加している。

LinkedInからの収入は10%増加し、Dynamics製品およびクラウドサービスからの収入は13%増加し、Dynamics 365からの収入は12%増加している。

インテリジェント・クラウド・サービス事業部の売上高は215米ドルで、前年同期比18%増、サーバー製品およびクラウドサービスの売上高は20%増、Azureおよびその他のクラウドサービスの売上高は31%増となっている。

しかし、収支報告で、経営陣は、Azure および関連製品の成長が 35% から 4~5 ポイント低下すると警告している。

CEOのSatya Nadella氏は、投資家に対して、「パンデミック時にお客様がデジタル投資を加速させたように、現在はその投資を最適化する動きが見られます」と述べている。

加えて、「また、マクロ経済の不確実性を考慮し、組織は慎重になっています。」「世界最先端のAIモデルを新しいコンピューティングプラットフォームにすることで、コンピューティングの次の大きな波が生まれつつある」と、顧客が控えているのではないかという見解を示した。

パーソナルコンピューティング分野では、Windows OEMの売上が39%減、Windowsビジネス製品およびクラウドサービスの売上が3%減、Xboxコンテンツおよびサービスの売上が12%減、検索、ニュース広告の売上が10%増、ハードウェアの売上が39%減となり、収益は19%減の142億ドルとなった。

しかし上記の数字を見ると、Microsoftの収益の柱は今やクラウドサービスであり、Windows OSはもはや収益の柱ではなく、ハードウェアもまだ収益の柱とはなっていないことがよく分かるだろう。

また、Microsoftは、現在、現金および短期投資の合計が995億ドル、昨年6月末の現金の合計が1,048億ドルであると発表している。

Nadella氏は、MicrosoftのOpenAIへの投資もあり、今後AIへの注力度が高まることを強調した。

Microsoft Cloudが世界最先端のAIモデルを新しいコンピューティングプラットフォームに変えることで、コンピューティングの次の大きな波が生まれつつあります。私たちは、お客様が私たちのプラットフォームやツールを使って、新しいAIの時代に、今日より少ないコストでより多くのことを行い、将来に向けてイノベーションを起こすことができるよう支援することを約束します。

Microsoftによると、前期は昨年末の低迷を主因に収益の伸びが鈍化したものの、特にAzureがAWSを含む競合他社からシェアを拡大したことや、先日発表したOpenAIへの提携・出資拡大など、クラウド基盤向け人工知能アプリケーションの開発拡大により、クラウド収益は引き続き大きく伸び、さらなる成長機会が期待できるとしている。これにより、さらなる成長機会の創出が期待される。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • LPDDR5T 1024x642 1
    次の記事

    SK hynix、9.6Gbpsのデータレートを実現した LPDDR5T モバイル DRAMを発表

    2023年1月25日 14:13
  • 前の記事

    NASAがDARPAと共同で、2027年に原子力エンジン搭載ロケット打ち上げを計画

    2023年1月26日 2:25
    nasa nuclear engine rocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事