自慰行為には、生殖器を洗浄し性感染症のリスクを減らす重要な役割があるかもしれない

masapoco
投稿日
2023年6月8日 15:32
banana

新たな研究によると、自慰行為は、快楽を与えるだけでなく、少なくとも霊長類のオスに関しては、生殖器の洗浄により性感染症(STD)から身を守ったり、妊娠の確率を高める重要な役割を果たしている可能性があるとのことだ。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究者は、霊長類における自慰行為の起源を追跡していたところ、自慰行為が霊長類の間で古くから見られる特徴であり、進化的な目的を果たすことを発見したという。

霊長類には、キツネザル、ロリス、タルシエ、サル、類人猿、そしてヒトが含まれる。自慰行為は、動物界では一般的な行為であるが、霊長類では著しく多いようだ。この行動を裏付ける研究はほとんど行われていないことから、その進化の歴史はまだ解明されていない。

この研究では、性器への刺激は、表面的なレベルでは、進化論上の高い目的を果たすとは言えないと指摘している。霊長類の生存率を上げるわけでもなく、さらに時間、エネルギー、注意を要する。その結果、自慰行為はタブー視されるようになった。歴史的に見ると、自慰行為は性欲が強く、性的なはけ口が必要な人たちの恥ずべき行為と考えられてきた。

しかし、研究チームは、自慰行為が動物界で一般的である以上、もっと大きくて明確な説明があるはずだと考えた。

UCLのプレスリリースによると、研究チームは、246の学術論文、150のアンケート、霊長類学者や動物園の飼育員からの個人的な連絡など、400以上の情報源から情報を収集したとのことである。このデータセットから、研究チームは霊長類全体の自慰行為の分布を追跡し、それがいつ、なぜメスとオスの両方で進化したのかを理解した。

研究チームは、2つのテーマを検証した:すなわち、「交配後選択仮説」と「病原体回避仮説」である。

交配後選択仮説は、さらに「性的興奮仮説」と「精子の質仮説」の2つの構成要素に分けられた。性的興奮仮説では、男性において射精を伴わない自慰は、その後の射精を早め、あるいは射精量を増加させ、受精を助ける可能性があることが明らかになった。女性では、自慰によって膣のpHが上昇し、精子にとってより居心地の良い環境が整う。また、膣内の排泄物は、劣った精子をろ過し、質の高い精子が子宮に向かうのを促進することが知られている。

精子の質に関する仮説では、男性が性行為の前に自慰行為をすることで、劣った精子を排出し、精子の質を向上させるとしている。

もう一つの論文「病原体回避」は、男女ともに性行為後の自慰行為が性感染症の予防に役立つと予測したものである。これらの交尾後の生殖器グルーミング戦略には、口腔内の自浄作用、排尿、射精とともに生殖管を洗浄する自慰行為などがある。

男性に比べて、女性の自慰行為の意義は、まだあまり明確になっていないと研究者は指摘する。研究チームは、女性の自慰行為と性行動に関するデータをもっと増やす必要があるとしている。

主任研究者のMatilda Brindle博士は、「今回の発見は、非常に一般的でありながらほとんど理解されていない性行動に光を当てるのに役立ち、自慰行為の機能についての理解が大きく前進したことを意味します。自慰行為が適応的な機能を果たす可能性があり、霊長類全体に遍在し、飼育下および野生に生息する男女のメンバーによって実践されているという事実は、自慰行為が健全な性行動のレパートリーの一部であることを示しています」と、述べている。


論文

参考文献

  • UNIVERSITY COLLEGE LONDON: The evolutionary origins and advantages of masturbation
  • via EurekAlert!

研究の要旨

自慰行為は、動物界のいたるところで行われている。しかし、一見すると、この自己主導的な行動がもたらすフィットネス上のメリットは不明である。それにもかかわらず、いくつかの要因が提案されている。非機能的仮説では、マスターベーションは病的なものであるか、あるいは根本的な性的興奮の副産物であるとするものであり、機能的仮説では適応的利益があるとするものである。交配後選択仮説は、マスターベーションが受精の機会を助けるとし、病原体回避仮説は、マスターベーションが生殖器から病原体を洗い流すことによって宿主の感染を減らすとするものである。本論文では、霊長類全体の自慰行為を記録した包括的な新データを提示し、これらを系統樹比較法と組み合わせて、自慰行為の進化的経路と相関関係を再構築する。その結果、自慰行為は霊長類において古くから見られる特徴であり、オナガザルから分かれた後、より一般的な行動レパートリーになったことがわかった。この分析から、雄霊長類における交配後選択仮説と病原体回避仮説の両方が支持され、マスターベーションはマクロ進化的なスケールで機能する適応的な形質である可能性が示唆された。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • How Microsofts bet on Azure unlocked an AI revolution hero
    次の記事

    Microsoft、米国政府機関にGPT-4を提供へ

    2023年6月8日 16:05
  • 前の記事

    SK hynix、238層3D NANDの量産を開始、データ転送を最大50%高速化

    2023年6月8日 14:18
    SK hynix 238 layer 4D NAND product 1024x791 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事