マジックアバターが話題の「Lensa AI」 – なぜ人気?どんな機能がある?

masapoco
投稿日 2023年1月16日 4:53
lensa ai

2022年11月下旬にリリースした「マジックアバター (Magic Avatars)」機能が世界中で話題となり、アプリストアでチャートを駆け上り1位を記録した、実は2018年からあった「Lensa AI」アプリだが、一体何がそんなに人気なのだろうか?

Lensa AIとは何か?

Lensa AIは、AndroidとiPhone用の画像編集アプリだ。これには、写真からオブジェクトを削除したり、傷をタッチアップしたり、背景をぼかしたり、画像をさまざまなフィルターに通すといったことが含まれる。これらは、他の画像編集アプリが提供しているものとほぼ同じだが、Lensa AIが備えているのはやはり他にはない独自の面白い機能だろう。

Lensa AIの機能の1つに「ビート同期」というものがある。動画をアップロードして、データベースから曲を選ぶと、Lensa AIがアルゴリズムを使って、動画に音楽を同期させる。つまり、あなたが速く動いていたり、ひねったり回ったりしていれば、音楽のビートがあなたの動きに同期するのだ。ただし、音楽がロイヤリティフリーかどうかは不明なので、こうした動画をYouTubeなどにアップロードすると、著作権違反に遭う可能性があり、リスクが高いかもしれない。友人や家族と個人的に共有する分には問題ないろう。

なぜLensa AIが人気を博しているのか?

なんといっても、「Lensa AI」の人気が急上昇したのは、「マジックアバター」機能によってだろう。ソーシャルメディア上のあらゆる著名人が利用しているこの機能は、ユーザー自身の写真を10枚から20枚アップデートさせて学習させることで、それを元に画像生成モデル「Stable Diffusion」を使って、デジタルアーティストが作成したような自分のアバターを生成してくれるというものだ。

この機能は素晴らしいものだが、利用には月額制のサブスクリプション契約が必要となる。これを高いと取るか安いと取るかはユーザー次第だろう。機能に魅力を感じるかどうかだ。

マジックアバターとは何か、またどのように生成されるのか?

「魔法のアバター」は、同社が盛んに宣伝している機能だが、同社が最も否定的な報道をされ、ユーザーから最も大きな反感を買っている機能でもある。この機能は、普通の写真を、同社が「心を奪うようなアバター 」と呼ぶものに変える。

性別とスタイルを選択すると、アバターが生成されるまで10分ほど待たされる。でも、出来上がったらお知らせしてくれるので、画面を見つめながら待つ必要はない。アバターが作られている間、アプリの他の部分をバックグラウンドで遊ぶことが出来る。

出来上がった結果が自分の思った物と違っても仕方ないかも知れない。特に、アジア系のユーザーに対してはバイアスのかかった想定もしていない結果が出力されるようだ。

Lensa AIのアプリは無料か?

Lensa AIアプリは無料でダウンロードでき、7日間の無料トライアルでいろいろ試せる。しかし、それを過ぎると課金されるので注意が必要だ。圧倒的に安いのは、年払いだ。月額払いの場合は、毎月890円かかるのに対し、年払いの場合は3,400円だ。

サブスクリプション価格と同様に、あなたはまた、マジックアバターのために課金されます。3.49ドルから始まり、6.99ドルまで上がります – 全てが無料のはずの無料トライアル中でさえも。しかし、あなたが見ることができるように、私の劣悪なマジックアバターから、以前の記事で、それはあなたがあなたのお金の価値を得るかどうか議論の余地があるされています。

Lensa AIは子ども向けか?

正直なところ、子供向けとは言い難く、マジックアバター用の画像をアップロードする際には、18歳以上であることを確認するよう求められる。多くの女性は、自分の画像が、大きくなった胸、尖った唇、一般的に不適切なポーズで、ハイパーセクシュアルにされていることに憤慨しているようだ。これらの画像は、ソーシャルメディアに簡単に掲載され、家族、友人、(潜在的な)雇用主によって文脈から完全に切り離されて受け取られる可能性がある。

その顕著な例として、女優のMegan Foxが、自身のInstagramアカウントで苦言を呈している。

彼女は、自身のアバターが全て露出の多い姿で出力されたと述べている。ただし、全ての女性ユーザーに同様な事が起きるだけではなく、アップロードする画像の種類によって、特定のユーザーだけに起きていることなのだろう。

最後に

Lensa AIは将来性のあるアプリだが、同様の機能が他の安いアプリ(無料のものも)でもできる事を考えると、月額料金の高さに躊躇する可能性もある。また、マジックアバターはまだ過渡期の技術であり、問題も多くはらんでいる

まずは、無料トライアルでそれを試してみて、実際に課金するに値するか評価するのが良いだろう。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • plastic
    次の記事

    英国政府、使い捨てプラスチック製品の禁止を今年末から拡大

    2023年1月16日 5:48
  • 前の記事

    米国初の3Dプリントによる2階建て住宅がテキサスで建設中

    2023年1月15日 12:49
    06 Houston3DPrintedHouse creditAnthonyVu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事