犬のウンチを路上に放置?科学者が説明する、あなたが考えているよりずっと悪い理由

The Conversation
投稿日
2023年6月27日 13:21
dog walking

この匂いは何だ?そう思って靴の裏を確認すると、案の定、片方の靴には新鮮な悪臭を放つ粘着質のパテが付着している。あなたは犬種の地雷を踏んでしまったのだ。

歩道、自然観察路、公園、運動場、玄関前の芝生などが、犬のフンを置くのに適した場所でないことは、誰もが経験したことがあるだろう。

しかし、道路や公園には犬のフンが散乱し続けている。パンデミック(世界的大流行)の影響で犬を飼う人が急増していることもあり、犬のフン問題は近年悪化の一途をたどっているとの逸話もある。

犬のフンが見苦しかったり、望まない接触をしてしまったりする可能性があることは明らかだが、それ以外にも犬のフンを拾わなければならない重要な理由がある。

ここでは、犬が庭にフンをするのを阻止するための一般的な取り組みについて、あなたが知っておくべきことと科学的な見解を紹介しよう。

犬のフンは病気、汚染、抗生物質耐性と関係がある

犬の糞便には、サルモネラ菌、大腸菌、ジアルジア、内部寄生虫など、人間に病気を引き起こす微生物が含まれている可能性がある。

また、犬の糞便は抗生物質耐性菌の温床となる可能性がある。つまり、犬の糞便に接触することで、治療が困難な細菌感染症を発症する可能性があるのだ。

最近のシドニーの研究でも、雨水に流れ込んだ犬の糞が水質汚染の重大な原因となっていることが明らかになった

このトピックは、その関連性と影響にもかかわらず、科学者からはほとんど注目されていない。しかし、ありがたいことに、人類の向上のために犬の糞を研究したと言える勇敢な人々が何人かいる。

この研究によって、公共の場で犬の糞が発見される場所にはいくつかのパターンがあることが明らかになった。

犬のフン問題が多いのはどこか?

犬のフンは、犬を放し飼いにしている公園や、駐車場に近い場所で多く見られます。

また、犬の散歩をする人が伝統的にその場所をどのように利用してきたかも重要な要因かもしれない:

ゴミ箱の有無、経路の形態、視認性、経路の位置は、犬の糞の発生を決定する重要な要因である。

同調査によると、ほとんどの犬の散歩者は正しいことをしているが、中には「プライドが高すぎて拾えない」人もいる。また、「健康や環境への影響に気づいていても拾おうとしない」「無関心な」犬の散歩者もいる。

他の調査では、駐車場と放し飼い区域の間で犬を放し飼いにすることや、人気のある犬の散歩ルートに排泄物処理場を設けることを目標にすることが提案されている。

隣人が犬を放し飼いにして自然帯(または自分の庭)で排泄していたり、排泄物処理袋を持たずに犬を散歩させていたりする場合は、この方法では解決しない。

また、ウンチを袋に入れたのに、その袋をフェンスや門のそばにくくりつけたままにしておく人もいる。

芝生の上に水筒を置くという古い手口はどうだろう?

犬の後始末をしない飼い主には罰金が科せられるが、現行犯で捕まえるのは難しい。

芝生の上に水を入れたボトルを置くのは、昔から行われてきた犬の抑止策だが、これが効果的であるという証拠はないし、そうする明確な理由もない。

犬は時々、ぐるぐると回ってちょうどいい場所を見つけるのが好きなので、障害物の少ない場所を好むかもしれない。おそらく、芝生の飾りが生い茂った庭なら、ある程度の保護を享受できるだろう。(興味深いことに、科学的には、犬は北を向くように体を整えるために、このように円を描くことがあると言われている)

市販の犬用抑止剤もあるが、どのような条件下で、どのような効果があるかを示す証拠はほとんどない。

どんな強い匂いでも、嗅覚の非常に強い動物が糞をするのに十分な長居をするのを抑止することができるという説もある。しかし、香りは移動するため、繰り返し大量に使用する必要があるだろう(そしてこの戦略は、都市部の在来生態系に意図しない副作用をもたらす可能性がある)。

犬の散歩を教育することが鍵

バッグやゴミ箱を用意し、特に放し飼い禁止区域に近い駐車場周辺ではリード着用法を取り締まることはもちろんだが、調査によると、教育が有効であることが示唆されている。

人々は社会的なメッセージに反応するので、善良な隣人やコミュニティのメンバーが犬の後始末を熱心に行うことを強調するメッセージが最も効果的かもしれない。

近隣住民の共同体意識に訴えようとしても効果がなく、庭にノームやフラミンゴが生い茂ったり、犬を忌避させる可能性のある化学物質でびしょびしょになったりするのが嫌な場合は、袋と監視を約束する看板を用意してみてはどうだろう。

犬の後始末をしてくれる飼い主の皆さん、地域社会はあなたに感謝している。

犬の糞を処理する最善の方法は、ゴミ箱に入れることである。コンポストでは、犬の糞に含まれる有害物質を中和するために高温が必要であり、家庭用のコンポストでは十分な高温になりにくい。また、埋めるだけでは、これらの微生物が土の中に蓄積してしまうだけだ。


本記事は、Melissa Starling氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Is leaving dog poo in the street really so bad? The science says it’s even worse than you think」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • meta quest plus vr subscription story
    次の記事

    Meta、VRゲームサブスクリプションプラン「Meta Quest+」を発表

    2023年6月27日 13:48
  • 前の記事

    ChatGPTを超えるべく開発されているGoogleの次世代AI「Gemini」の更なる詳細が明らかに

    2023年6月27日 12:14
    ai chip image
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事