あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

新しい研究によると、実験室で作られた食肉(別名、動物細胞ベースの食肉:animal cell-based meat、略してACBM)は、従来の家畜よりもはるかに環境に悪い可能性があるという。研究の試算によれば、もし現在の技術が市場に供給されるようにスケールアップされた場合、動物を飼育・屠殺するよりも4倍から25倍のCO2を発生させる可能性があるとのことだ。

「何十億ドルもの投資額が、この製品が牛肉よりも環境に優しいというテーゼのもと、特に(ACBM)分野に割り当てられている」とこの研究は説明している。確かに、実験室で育った肉は、牛の飼育に必要な土地、水、抗生物質を必要としない。しかし、研究者たちは、培養肉にまつわる誇大宣伝が、二酸化炭素排出量に関する欠陥のある分析に基づいていることを発見した。

CO2の増加は、培養細胞に栄養素を供給する精製過程で必要となる化石燃料に関連している。培養肉を作る際、環境中の細菌がこれらの毒素を放出するため、内毒素の除去は極めて重要である。培養液中にこれらの毒素が少量でも含まれていると、細胞の繁殖を妨げる可能性がある。

「動物細胞の培養は伝統的に、エンドトキシンを除去・減少させるために精製された増殖培地成分を用いて行われてきた。このような精製方法の使用は、エネルギーと資源を大量に消費するため、医薬品に関連する経済的・環境的コストに大きく寄与している」と、論文では述べている。

高度に精製された培地を使い続けると仮定した場合、ACBM1kgあたり542ポンド(246kg)から3,325ポンド(1,508kg)の二酸化炭素を排出すると研究者たちは推定している。これらの数字から、培養食肉の地球温暖化係数は、小売の牛肉の4倍から25倍であると計算している。

この研究によれば、ACBMの気候への影響に関するいくつかの報告は、存在しないか機能する可能性が低い非現実的な技術に依存していることも問題である。その一例として、シアノバクテリアの加水分解物を原料としてACBMを製造した場合の炭素排出量を計算した研究がある。しかし、今回の分析の研究者たちは、これは動物細胞増殖のための現在の技術でも実現可能な原料でもないと指摘している。

「ACBM生産に高度に精製された増殖培地を利用した場合、近い将来のACBM生産が環境に与える影響は、牛肉生産の中央値よりも桁違いに大きくなる可能性が高い」と、この研究は結論付けている。

著者らは解決策として、より多量のエンドトキシンに耐える細胞株の作製を提案している。そうすれば、エネルギーを大量に消費する精製手順の必要性が減り、最終的には実験室で生産された食肉が環境に与える影響を減らすことができる。

この研究は、専門誌『bioxriv』に掲載された。ただし、まだ査読が済んでいない点にご留意を。


論文

参考文献

研究の要旨

「家畜生産に代わる環境配慮型の食肉として、動物細胞由来食肉(ACBM)や培養食肉への関心が高まっている。しかし、現在のACBMの生産方法に関するライフサイクル評価は行われていない。現在、ACBM製品の生産は小規模で、経済的にも赤字である。しかし、ACBM企業は工業化を進め、生産を拡大する意向である。本研究では、近い将来のACBM生産による潜在的な環境影響を評価する。ACBMの最近の技術経済アセスメント(TEA)とエッセンシャル8TMのライフサイクルアセスメントから得られた最新の知見を活用して、近い将来のACBM生産のライフサイクルアセスメントを実施した。ACBMのTEAで検討された代謝要件を利用してシナリオ分析を実施し、Essential 8TMのライフサイクルアセスメントから得られた精製係数を、増殖培地成分処理を考慮するために利用した。その結果、高度に精製された成長培地をACBM生産に利用した場合、近い将来のACBM生産による環境への影響は、牛肉生産の中央値よりも桁違いに高くなる可能性が高いことが示された。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする