あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

コンピュータ・ストレージとメモリメーカーであるKingston Technologyは、DDR5 FURY Beastメモリ・シリーズにAMD EXPO認証が追加されたことを発表した。

Source

Kingstonは、ゲーマー、エンスージアスト、および企業向けにメモリの販売を行っているが、同社のKingston FURY Beast DDR5メモリがAMDにより先日発表された、「AMD EXPO」メモリオーバークロックテクノロジーの認証を獲得した。

これにより、同社のメモリモジュールとキットのオーバークロック仕様が新たに強化され、AMDの次世代AM5プラットフォームを完全にサポートすることが可能になった。この対応メモリは、最大2つの工場出荷時のプロファイルと1つのカスタマイズされたユーザープロファイルを使用することができるようになる。

Kingston FURY Beast DDR5メモリの特徴

  • 4800MT/s以上の転送速度を実現
  • オーバークロック時の安定性向上
  • 効率性の向上
  • Intel XMP 3.0-Readyおよび認証済み
  • 世界の主要なマザーボード・メーカーの認定を取得
  • 4800MT/sでプラグアンドプレイ
  • ロープロファイル・ヒートスプレッダ・デザイン
ktc keyfeatures memory beast ddr5 2 lg

AMD EXPO認定のKingston FURY Beast DDR5およびKingston FURY Beast DDR5 RGBは2022年9月末に発売予定で、16GBシングルモジュールと32GBキット(2×16)で提供される。すべてのKingstonメモリ・モジュールには、生涯限定保証とKingstonの信頼性が付属する。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする