AMD、DDR5メモリのオーバークロック向け技術「EXPO」を発表

AMDは、IntelのXMP3.0に代わる同社のDDR5メモリ向けオーバークロックテクノロジー「EXPO」をリリースした。

AMD Extended Profiles for Overclocking(EXPO)は、Intel XMP 3.0に代わる技術だ。このテクノロジーは、AM5ビルドと新しいRyzen 7000デスクトップシリーズで、ワンクリックによるDDR5オーバークロックを可能にする。このテクノロジーを用いて、ゲーマーは、1080p解像度で最大11%の性能向上と約63ナノ秒の低レイテンシーを期待できるという。

AMD EXPO 1 1200x332 1

また、AMDはこの標準ライセンスとロイヤリティフリーを実現することで、普及を加速させ、コストを下げることを約束している。同社は、最大6400MT/sの速度を提供する15ものパートナーDDR5キットを発表した。 その中には、ADATA、Corsair、Geil、G.Skill、Kingstonのメモリキットが含まれている。

AMD EXPO 2 1200x330 1

既にリリースをアナウンスした、G.Skillに続き、メモリメーカーは間もなく、EXPOプロファイルを採用した最初のメモリキットを発表する予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする