あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

2024年1月20日(土)未明、日本は月への探査機着陸に成功した5番目の国になることを目指している。現在までに、アメリカ、ソビエト連邦、中国、インドが東アジアの国に先行している。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって2023年9月に打ち上げられた日本の月探査用スマートランダー(SLIM)は、日本時間午前0時20分頃に着陸する予定だ。ピンポイント精度の新しい着陸技術を試行し、月探査では初となるなだらかなクレーターの縁に着陸する予定だ。

JAXAはこのミッションを技術実証と称している。JAXAの主な目的は、ほぼリアルタイムの目視による精密着陸を実践することである。新しく開発された着陸技術により、地形的に有利な場所だけでなく、好きな場所に着陸することが可能になる。

後続の探査計画である月極探査機(LUPEX)の計画は順調に進んでいる。このミッションは、インド宇宙研究機関(ISRO)と共同で開発される。

月は多忙なターゲット

近年、月は探査ミッションの重要なターゲットとなっている。例えば、昨年はロシアが探査機ルナ25号の着陸を試み、ISROが月探査機チャンドラヤーン3号の打ち上げに初めて成功した

一方、米国はアルテミス計画を通じて月へ人類を帰還させることを目指すと同時に、月で存続可能な存在を再確立しようとする民間企業を支援している

NASAとその国際パートナーは、最終的に月軌道上に有人宇宙ステーション「月軌道プラットフォームゲートウェイ」を設置することを目指している。

Lunar Orbital Platform Gateway
月軌道プラットフォームゲートウェイ (Credit: NASA)

同時に中国は、慎重に計画された嫦娥プロジェクトを成功させ続けている。このアジアの大国は、独自の国際月研究ステーションの設立を目指している。その中国とロシアのプロジェクトは、「関心を持つすべての国と国際的なパートナーに開かれている」と宣伝されている

平和的意図

今日まで、宇宙開発をリードする国々は、宇宙における彼らの意図が平和的なものであることを公に保証するために多大な労力を費やしてきた。しかし、昨年、ロシアの宇宙機関Roscosmos のYury Borisov氏は、率直にこう述べた:

これは単に国の威信や地政学的目標の達成のためではない。防衛能力を確保し、技術的主権を達成するためなのだ。

しかし、Borisov氏の発言は単独で読むべきものではない。米政府高官も同様の主張をしている。昨年7月、アメリカのJohn F. Plumb国防次官補(宇宙政策担当)は、同じようにぶっきらぼうな発言をした:

宇宙は軍にとってDNAの中にある。宇宙は我々の軍隊のDNAに組み込まれている。

このような公式のコメントは、それぞれの国家階層で他の当局者が表明している平和的意図と称するものとは明らかに異質である。同様に、自国の国益を守るため、また習近平国家主席自身の後押しもあり、中国は独自の軍事宇宙戦略を微調整している。

月は大きな目標であり、今日まで少数の関係者しかアクセスできない。しかし、月の南極付近に水が存在する証拠が発見されて以来、月の南半球に安全に着陸する方法を見つけることに多くの努力が注がれてきた。

earth and moon

商業主体や国家的利害が混在する中で、この新たな宇宙開発競争が地政学的にどのような意味を持つのかを考える必要がある。

誰が宇宙の平和を守るのか?

1967年に締結された宇宙条約は、宇宙での戦略的行動を規定する決定的な法的文書である。現在までに114カ国が批准し、主要な宇宙進出国を含む22カ国が署名している。

しかし、新たな技術開発や民間宇宙企業の台頭により、この条約は時代遅れになったとの指摘もある。

そのため、米国は独自に新しい国際協定を策定した。この協定は、月とその先の安全な探査に適用される共通の原則、ガイドライン、ベストプラクティスに焦点を当てているという。

これまでのところ、33カ国がこの協定に署名しているが、ロシアと中国は加盟していない。政治的な相違が存在するため、すべての締約国を同じテーブルに着かせる明確な方法は今のところない。

月にはまだ人が少ないが、持続的な探査、人間による居住、商業利用が進めば、月面で(あるいは軌道上で)競合する国同士、あるいは地球上で大きな紛争を抱える国同士が遭遇する可能性が高まる。

宇宙条約は宇宙環境の平和的利用を想定しているが、地球低軌道における軍事機器の拡散は、そのような不利な遭遇が壊滅的な結果をもたらす可能性を示唆している。

現在のところ、地球外での大規模な紛争を防ぐための安全策はほとんどない。外交的な努力はほとんどなされていない。

慎重な行動をとり、エスカレートを避けるよう、政治的な観点から緊急の勧告がなされているにもかかわらず、世界はますます不安定な宇宙環境への道を歩み続けている。

幸いなことに、この非常に複雑な環境において、宇宙での潜在的な紛争を解決するために、これまで冷静な判断が優勢であった。その一例として、国際宇宙ステーションの多国間協力が持続していることは、地球上では極端に正反対の立場にあるにもかかわらず、私たちを勇気づけるものだろう。


本記事は、Richard de Grijs氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Japan is about to land its first lunar probe. As more nations race to the Moon, how will we keep the peace?」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする