あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

体を動かすことによる健康への効果は否定出来ない。

しかし、過去30年間に発表されたデータに基づく最近の研究では、有名な格言Mens sana in corpore sano(健康な体に健康な心)に疑問を投げかけ、脳の健康と認知の両方に対する運動の重要性を問うている。

この研究が発表された数日後、私たちの健康および神経科学の研究チームは、25万人以上を対象とした研究結果を発表した。私たちの結果は、適度な運動と活発な運動の両方が認知機能に有益な効果をもたらすことを明確に支持し、重要な科学的議論に拍車をかけている。

誰が正しくて、誰が間違っているのか?ここでは、科学的な見解を述べる。

身体運動は認知機能にとって無意味なのか?

最初の研究は、2023年3月27日に発表されました。健康な人11,266人のデータをより厳密なアプローチで再検証した24のメタアナリシスのレビューである。

このレビューに含まれる24のメタアナリシスのほぼすべてが、運動が認知機能にプラスの効果をもたらすと結論付けているが、著者らは、行われた分析が最適でなかったと主張している。例えば、ベースラインの身体活動レベルや、有意な結果のみを公表する科学界の傾向の両方がほとんど考慮されていなかったことを指摘している。このような調整を行った結果、著者らは、運動による効果は、これまでのメタアナリシスで推定されたものよりも実際には小さく、無視できるものである可能性さえあることを示唆する結果を得た。

これらの結果に基づき、著者らは、世界保健機関(WHO)などの公衆衛生機関は、”少なくとも、より信頼できる科学的根拠が蓄積されるまで”、身体活動が認知健康、学業成績、実行機能を改善することをもはや表明すべきではないと主張している。

まあ、そのエビデンスが到着するのに時間はかからなかったが。

遺伝学とDNAによる救済

2つ目の研究である私たちの研究は、約35万人が参加する遺伝子研究で、4日後の2023年3月31日に発表された。私たちの結果は、適度な運動と活発な運動が認知にもたらす効果を科学的に証明するものだ。

この証拠は、私たちが生まれる前の受胎時に生じるDNAのランダムな変異を利用した2標本メンデルランダム化法に基づいている。

どんな2人の人間でも比較すると、99.9パーセントの遺伝物質が同一である。DNAは、ヌクレオチドと呼ばれる建築用レンガの長い鎖と考えることができ、この2人の人間の間では、1000個のレンガに1回の割合で違いがある。ランダムに配置されたレンガには、チミン、アデニン、グアニン、シトシンの4種類がある。遺伝子の変異により、例えばある人のDNAのある場所にはシトシンのレンガがあり、別の人の同じ場所にはチミンのレンガがある、ということが起こりえる。

本研究の最初のサンプルは91,084人からなり、手首に装着するモーションセンサーで測定した身体活動の違いに関連する遺伝子変異を特定するために使用された。

第2サンプルは257,854人で、身体活動に関連する遺伝的変異が認知機能に比例して影響を与えるかどうかを検証するために使用された。これが事実であったため、身体活動が認知機能に因果関係があると結論づけることが出来た。

適度な運動は長続きする

本研究では、身体活動が認知機能を改善することを示したが、さらに重要なことは、中程度の身体活動(早歩き、サイクリング)の効果は、激しい身体活動(ランニング、バスケットボール)の効果の1.5倍であることを示した。この発見は、運動から認知機能を向上させるために、疲労困憊するほど自分を追い込む必要はないことを強調している。

また、すべての種類の身体活動(座位や軽度の身体活動を含む)を一緒に考慮した場合、認知機能への影響は見られなくなった。この結果は、身体活動の認知的効果を享受するためには、少なくとも中程度の強度を達成することが重要であることを裏付けている。

今回の結果は、脳内のBDNFと呼ばれるタンパク質の放出に運動時間と強度が重要であることを強調した最近の研究結果とも一致している。このタンパク質は、新しい神経細胞、これらの神経細胞間の新しい接続、およびそれらを養うための新しい血管の作成に関与している。

このタンパク質は、運動中に分泌量が増加するため、運動が認知機能に及ぼす有益な影響を説明する生理学的メカニズムの一つである。この説明メカニズムが存在することで、運動による脳機能への有益な効果を支持する結果がさらに強化される。

始めるのに遅すぎるということはない

メタアナリシスのレビューと私たちの遺伝学に基づく研究との間の結果の食い違いは、いくつかの違いによって説明できるかも知れない。

まず、メタアナリシスのレビューでは、健康な人だけを対象にしているが、私たちの研究ではそうではない。第二に、私たちの研究では、軽い身体活動、中程度の身体活動、活発な身体活動を区別しているが、メタアナリシスのレビューではこの区別はしていない。最後に、私たちの遺伝学的アプローチは、生涯を通じた長期的な効果を評価しているのに対し、最初のレビューでは1カ月から2年間の介入に基づいていることだ。

ここでは身体活動の時間的側面を扱っているため、運動を始めるのに遅すぎるということはないということを忘れてはいけない。実際、2019年の研究では、人生の後半に活動を始めると、生涯を通じて活動するのと同じ全体的なポジティブな健康効果があることが示されている。

結論から言うと性急な決断は決して良くない

今回の調査結果によると、身体活動は依然として脳の健康と認知に有益であると考えることができるようだ。さらに、科学に対する不信感が社会・政治的に高まっている現在、長年にわたる研究と矛盾する、まったく同じデータに基づくたった1つの研究に基づいて、結論を急ぐべきではない。

科学の世界ではよくあることだが、身体活動指針の変更を提案する前に、早急に決断せず、追加の研究を待つ方が賢明なのだ。異なる研究チームによる収束したエビデンスの蓄積は、公衆衛生メッセージを変更するための前提条件となるはずだ。この記事が示すように、私たちは今その時点に近づいておらず、身体的および精神的な健康の幅広い結果に対する身体活動の利点は、依然として否定できないものだ。


本記事は、Matthieu P. Boisgontier氏とBoris Cheval氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Is exercise really good for the brain? Here’s what the science says」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする