あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelは、イスラエル政府と250億ドル(3兆5,400億円)を投じてキリヤット・ガットにチップ製造工場を建設することで基本合意した。

イスラエルのBenjamin Netanyahu首相は、Intelの今回の投資はイスラエルで「前例のない」ものであり、世界で最も進んだ技術を使用するチップ製造工場の建設に充てられると述べた。2019年、Intelはすでにキリヤット・ガット・チップ工場の建設に約100億ドルを投資するための協議を行った。

Netanyahu首相は、日曜日の週次閣議で、「これはイスラエル国家における史上最大の投資だ。これはイスラエル経済に対する大きな自信の表れであり、まさに我々がここで築いた自由経済と、ここで発展させている技術経済の強さを反映している」と、述べている。

今回の発表は、Intelと財務省の間で投資計画について基本的な合意に達したことを受けて行われたものだ。合意の一環として、Intelは、チップメーカーが現在国に支払っている5%から、7.5%の税率を支払うことになると、財務省は声明で発表した。さらに、資本投資奨励法(ECIL)に基づき、Intelが投資額の12.8%の割合で政府補助金を得ることが合意された。

キリヤット・ガット工場は2027年までに操業を開業し、数千人規模の労働者を平均より高い賃金で雇用する予定であると同省は述べている。

Yogev Gardos予算委員は、「Intelの投資は、イスラエル国家全般と南部地域に大きな経済的利益をもたらすだろう。同社との交渉は…経済モデルに基づいて投資の利益を検討し、イスラエル国民にとっての価値を最大化すると同時に、Intelが世界的に利用可能な代替選択肢に対してイスラエルへの投資を促進するために行われたものです。」と、述べている。

1974年にイスラエルに進出して以来、Intelはイスラエルに170億ドル以上を投資し、ハイファ、ペタ・ティクバ、エルサレムの3つの研究開発センターとキリヤットガットの製造工場で11,700人の従業員を雇っている。Intelは現在、イスラエルで約42,000人の労働者の間接雇用を創出する責任を負っていると述べている。

「イスラエルは、技術的な才能とイノベーションの世界的な中心地であり、Intelの重要なグローバル製造・研究開発拠点の一つです。イスラエルでの製造能力を拡大するという当社の意図は、将来の製造ニーズに応え、IntelのIDM 2.0戦略をサポートするという当社のコミットメントに基づくものであり、イスラエル政府の継続的な支援に感謝しています」と、Intelは声明で述べている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする