Intel Core i9-13900KSは、最初のシングルコアの合成テストでi9-12900KSより10%高速となる

masapoco
投稿日 2022年12月9日 6:34
Intel Core i9 13900KS 6GHZ HERO BANNER 1800x663 1

IntelCore i9-13900KSを準備していることは周知の事実だ。この特別仕様の数量限定Raptor Lakeプロセッサは、6GHzという驚異的な速度までブーストされるが、初期のベンチマークでは、Core i9-13900KSは既存のRaptor LakeフラッグシップチップであるCore i9-13900Kよりもそれほど速くないかもしれないことが判明している。

Core i9-13900KSは、Core i9-13900Kと構成となっており、24コア32スレッドとなる。さらに、8個のPコアと16個のEコアで構成される。したがって、Core i9-13900KSの性能向上は、すべてクロック周波数の向上によるものだ。通常のCore i9-13900Kは、IntelのThermal Velocity Boost(TVB)技術によって5.8GHzに到達するが、Core i9-13900KSは6GHzに到達する。200MHzの追加で、Core i9-13900KSはCore i9-13900Kよりわずかに上昇する。

今回、Core i9-13900KSの3つのGeekbenchスコアがリークされた。

3つある中で最も結果が良かったのは、シングル2319、マルチ26,774と言うスコアだった。テストシステムのその他の構成は、Asus ROG Maximus Z790 Heroと超高速32GB DDR5-7200メモリキットであった。

シングルコアスコアマルチコアスコア
Core i9-13900KS2,31926,774
Core i9-13900K2,22724,311
Ryzen 9 7950X2,19222,963
Core i9-12900KS2,08119,075
Core i9-12900K1,98817,324

Core i9-13900Kは、Core i9-13900Kよりも4.1%高いシングルコア性能を実現しているようだ。また、Core i9-12900KSとCore i9-12900Kをそれぞれ11.4%、16.6%上回った。Core i9-13900KSは、AMDの現行のRyzen 7000フラッグシップであるRyzen 9 7950Xと比較しても、5.8%高いシングルコア性能を示している。

マルチコア性能では、Core i9-13900Kが最大で10.1%高速化した。また、Core i9-12900KSを40.4%、Core i9-12900Kを54.5%、それぞれ上回った。一方、Ryzen 9 7950XもCore i9-13900KSには及ばず、6GHzのチップは16.6%高いマルチコアスコアを獲得した。

IntelはCore i9-12900KSで、最速のゲーミングプロセッサーを実現したが、その後AMDがRyzen 7 5800X3Dを安価に供給し、その座を奪ってしまった。そして今度は、IntelはCore i9-13900KSで王座奪還を目指すようだ。しかし、巷では、AMDが2023年に向けて最大3つのRyzen 7000 3D V-Cacheチップを開発中と伝えられており、ゲーマーにとっては素晴らしい選択肢が出そろいそうだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • PerformanceControls Header.max 1000x1000 1
    次の記事

    Google Chromeにメモリ消費量と消費電力を削減する機能が搭載される

    2023年2月21日 3:46
  • 前の記事

    SK hynix、DDR5 MCR DIMMを発表 – HPC向けに最大DDR5-8000の速度を実現

    2022年12月9日 5:13
    sk hynix mcr dimm 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事