あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Bloombergによると、Huaweiが中国に秘密の半導体工場網を構築している可能性があるとのことだ。

同誌によると、半導体産業協会は、Huaweiが2つの既存チップ工場を買収し、さらに3つのチップ工場を建設中であると会員に報告したという。加えて、そもそも中国政府と密接な関係のあるHuaweiは中国政府から約300億ドルの補助金を受けており、これらの動きは、「ブラックリストに載った同社がアメリカの制裁を回避し、国の技術的野心を促進するための影の製造ネットワーク」を可能にするための動きである可能性があるとBloombergは報じている。

この動きに関して、Huaweiは現時点では何も発表していない。

Bloombergの報道は、主に半導体産業協会(SIA)が行った会員限定のプレゼンテーションに基づいている。しかしBloombergの報道の翌日、SIAは声明を発表し、その報告書は単に一般に入手可能な情報から傾向を要約したものに過ぎず、広く報道された一連の動向に焦点を当てたものであると述べた。

「問題の報道記事には、いくつかの不正確な内容が含まれている。例えば、SIAは警告を発していませんし、警鐘を鳴らしていません」と、SIAは述べている。

Huaweiは2019年、正体不明の外国の敵対者がITおよび電気通信システムやサービスの脆弱性を悪用する可能性があるとの懸念から、米商務省の企業リストに入った。

それ以来、多くの政府がHuaweiに対し警戒感を強めている。EUは6月、加盟国が自国の通信ネットワークでセキュリティ上の脅威となる可能性があるとみなされたメーカーのキットを使用することを強制的に禁止することを検討していた。

この措置は中国のハイテク企業にかなりの影響を与えた。同社の利益は2023年第1四半期に46%減少した。

産業安全保障局はBloombergに対し、状況を注視しているが、Huaweiの活動が厳しく制限されていることから、Huaweiが国家支援を求めていても不思議ではないと述べたという。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする