ハッカーグループ NVIDIAから盗み出したソースコードなどを公開すると脅迫

masapoco
投稿日 2022年3月2日 7:35
nvidia-gpu

数日前にNVIDIAがハッキング被害を受けたとの報道があったが、ハッカーはNVIDIAから約1TBにも及ぶ膨大な機密データを盗んでいたことが分かった。そして、それらの情報を公開すると脅迫しているという。

ハッカーが盗み出した1TBものデータの中には、GPUドライバーやGPUファームウェアのソースコード、従業員のアクセス情報などのさまざまな種類のファイルが含まれている。

攻撃を行ったハッキンググループの「The LAPSUS $」は、NVIDIAが行っているGPUのドライバに制限をかけて、NVIDIA製GPUによる仮想通貨マイニングの効率を低下させる「Lite Hash Rate(LHR)GPUハッシュレートリミッター」について、これを回避する方法を公開することで、「マイニングおよびゲームコミュニティを支援する」と脅迫しているという。グループが発表しているように、既にGA102からGA104までのすべてのLHR V2の完全な回避策が販売されているとのこと。

さらに、ハッキンググループは、会社がソフトウェアからLHRを削除するか、「hwフォルダー」(おそらくNVIDIA製品に関する回路図等の機密データとハードウェア情報を含むハードウェアフォルダー)の詳細を共有する必要があるとブラックメールで主張しているという。NVIDIAはこれらの主張に応じず、インシデントを調査していることを認める以外に、状況に関する公式の声明は出ていない。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • dlss-image
    次の記事

    ハッキングにあったNVIDIAからDLSSのソースコードが漏洩

    2022年3月2日 17:49
  • 前の記事

    Samsung 「Galaxy Book2 シリーズ」を発表

    2022年3月2日 6:08
    Galaxy Book2 Pro

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事