NVIDIAはBlackwellの開発に100億ドルと言う巨額投資を実施、価格は4万ドルと大幅上昇も

masapoco
投稿日
2024年3月20日 7:56
nvidia blackwell architecture image

NVIDIAは昨日GTC 2024において、待望のAI GPU「Blackwell」を発表したが、このチップの開発には多額のコストがかかっており、これはそのまま購入価格に転嫁されると見られている。

NVIDIAのBlackwell AI GPUは、現行のHopper H100とH200プラットフォームに取って代わるものとなる。Blackwellは現在の生成AI市場を取り巻く需要の波を鑑みれば、同社に取って将来への発展の起爆剤となるだろう。そしてNVIDIAはBlackwellのプラットフォームの研究開発に多額の費用を投じたと推定されており、その研究開発費として、実に100億ドル(1兆5,000億円)という途方もない金額を投資し、財務上の記録を塗り替えたという報告もある。

Blackwellの価格は3万~4万ドルになるでしょう。この世代の研究開発予算は、おそらく100億ドル程度になります。

Jensen Huang – NVIDIA CEO (via CNBC Television)

また、NVIDIAはBlackwell AI GPUを3万ドルから4万ドルの範囲内で販売する計画であり、Hopper世代からかなりの価格上昇が見られる可能性が明らかになっている。

Barron誌のシニアライターTae Kim氏はNVIDIAのBlackwell B200の製造コストが6,000ドル以上と言われており、同社は、新しいGPUプラットフォームを取り巻く生成AIの誇大広告を利用することで、大きな利益を生み出すことを計画していると述べている。

NVIDIAのBlackwellは、同社初のMCM設計となり、同じダイ上に2つのGPUを搭載する。TSMCの4NPプロセス・ノードで製造される各コンピュート・ダイには合計1,040億トランジスタが搭載され、Hopperのラインナップと比較して、すべてのパラメータで2倍から5倍の向上が見られ、最大192GBのHBM3eメモリ構成も搭載される。詳細は以下の記事をご覧頂きたい。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • UN Bloom Welcome 960x540
    次の記事

    Ubisoft、NVIDIA、Inworld AIが協力し、AIを用いて人間と自然な会話を繰り広げられる「Neo NPC」を制作へ

    2024年3月20日 10:35
  • 前の記事

    Nintendo Switchエミュレータ「Suyu」の最初のビルドがまもなく登場、AndroidやmacOS版も

    2024年3月20日 7:33
    FireShot Capture 109 Suyu Emulator Nintendo Switch Emulator Surpassing Yuzu suyu emu.com
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事