GPU市場、デスクトップ・グラフィックス・カードの売上が37%増と驚異的な回復

masapoco
投稿日 2023年12月5日 18:15
AMD RADEON Navi31

Jon Peddie Researchの報告によると、2023年第3四半期におけるPC GPU市場は、数年にわたる低迷から大きく回復し、GPUおよびグラフィックスカードの出荷量が2020年以来最大の四半期増加を記録している事が明らかになった。

GPU市場は2020年にピークを迎え、四半期成長率が約20%に達した後、一貫して低迷していた。主な原因は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる供給の混乱で、市場における製品の数量が減少し、価格が高騰したことである。しかし、2023年には市場が正常化し、PCセグメント全体の価格が大幅に下落した。

2020年以降、GPU出荷量は減少し続け、2022年末までに120万台以上から60万台未満にまで落ち込んだ。これは2020年の出荷量のほぼ半分であり、2014年以来の最高値でもあった。

2023年第3四半期には、市場は再びプラスに転じ、第2四半期2021年以来の初のプラス四半期を記録し、16.8%の上昇を見せた。GPU出荷量も7190万台に増加し、現在の動きを維持すれば、2026年末までにGPUのインストールベースは50億台に達するだろう(iGPUおよびdGPUを含む)。

主要3社のGPU市場シェアに目を移すと、AMDは2024年第3四半期に最大のシェア増加を達成し、前四半期から36.6%の出荷増加で2.4%のシェア増加を記録した。NVIDIAは1.30%のシェア増加で25.2%の出荷増加、一方でIntelは出荷量が10.4%増加したにもかかわらず、シェアは-3.7%減少した。これらの数字にはdGPUとiGPUの両方が含まれている。

AMDの強い成長は、特にノートPC市場での強い販売に起因する。このセグメントではCPU出荷量が大幅に増加した。AMDのすべてのRyzenノートブックプロセッサにはiGPUが搭載されている。同様に、過去数ヶ月間に人気を博したRyzen 7000デスクトップCPUにもiGPUが搭載されており、AM5プラットフォームの価格低下とCPUの優れた取引により、人気を集めた。

  • 四半期におけるGPUの全体的なアタッチメント率(統合GPUおよびディスクリートGPU、デスクトップ、ノートブック、ワークステーションを含む)は117%で、前四半期から1.6%上昇した。
  • デスクトップグラフィックスアドインボード(ディスクリートGPUを使用するAIB)は、前四半期から37.4%増加した。
  • この四半期は、前四半期からタブレット出荷量が6.1%変動した。
  • 全体的なPC CPU市場は、四半期ごとに15.2%増加し、年間では-6.0%減少した。

ディスクリートGPU(グラフィックスカードを提供するAIBを含む)については、グラフィックスセグメントが前四半期から37.4%増加した。具体的な数字はまだ発表されていないが、RTX 4060シリーズやAMDのRX 7700/7800シリーズなどのメインストリームオプションの登場が強い販売をもたらした可能性があり、RTX 40 GPUはハイエンドラップトップセグメントで好調だった。

現在の傾向を踏まえると、グラフィックスカードなどのディスクリートGPUは、今後5年間で市場浸透率を30%維持すると予想される。残りの70%の市場はiGPUが占めることになる。総CPU出荷量については、前四半期から15.2%のシェア増加が見られ、デスクトップチップが31%、ノートブックチップが69%を占めるようになった。ディスクリートAIBグラフィックスカード市場の詳細な内訳については、今後数週間で詳しく報告される予定だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • omb hero copilot
    次の記事

    Microsoft、「Copilot」の1周年を記念しGPT-4 Turbo搭載など多数の新機能を追加

    2023年12月6日 6:48
  • 前の記事

    寝る前のスマホ使用は睡眠にそこまで悪影響を与えないかも知れない

    2023年12月5日 18:01
    smartphone sleep

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事