Microsoft、「Copilot」の1周年を記念しGPT-4 Turbo搭載など多数の新機能を追加

masapoco
投稿日 2023年12月6日 6:48
omb hero copilot

MicrosoftのAIチャットボット「Copilot」が登場から1周年を迎えた。これを記念して同社はCopilotにいくつかの新機能追加とAIモデルの更新を発表している。

最大の変更は、Copilotの基礎部分をOpenAIの最新AIモデルであるGPT-4 Turboに更新したことだ。このモデルは、最大128,000トークンというはるかに大きなコンテキストを考慮し、より適格な回答を提供することができると、OpenAIは述べている。

最新のDALL-E 3との統合も重要だ。これはBing Image Creatorでは既に利用できる機能だが、Copilotからも利用できるようになり、これまで以上に高品質な画像を生成すること、そしてユーザーからのプロンプトをより正確に理解することが可能になっている。つまり、画像がプロンプトと一致することが多くなるはずだ。

また、Copilotでは、同社が「検索グルーディングを備えたマルチモーダル」と表現する機能も間もなく提供される。GPT-4Vを利用したこの機能では、画像の内容を一般的に説明するのではなく、画像の具体的な詳細が得られるようになるはずだ。

Microsoft Edgeブラウザーのユーザーは近々、ウェブサイトからテキストを選択し、Copilotにテキストを書き直させることができるようになる。

新機能には「コード・インタプリタ」も含まれている。Copilotユーザーにとってコード生成は目新しいものではないが、今回Microsoftが取り組んでいるのは、ユーザーが平易な言葉で説明したタスクを実行するコードをAIツールが自動的に生成できるようにすることだ。これは、プログラミングに慣れていないユーザーには便利だろう。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • bing chatgpt 1920x1080 Hero
    次の記事

    Bing検索をGPT-4が補助してくれる「Deep Search」が登場

    2023年12月6日 6:50
  • 前の記事

    GPU市場、デスクトップ・グラフィックス・カードの売上が37%増と驚異的な回復

    2023年12月5日 18:15
    AMD RADEON Navi31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事