あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Intelは、共同創業者の一人であGordon Moore氏が94歳で亡くなったことを発表した。Moore氏は、金曜日にハワイの自宅で家族に囲まれながら静かに息を引き取ったと伝えられている。同氏はは、1968年7月にRobert Noyce氏と共同でIntel社を設立し、2006年に名誉会長に退くまで多くの役職を歴任した。

IntelのMoore氏との関わりをそれほど知らない人でも、「集積回路のトランジスタの数は、およそ2年ごとに倍増する」というムーアの法則を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。1965年に発表された「ムーアの法則」は、「集積回路のトランジスタ数は毎年2倍になる」というものであった。この法則は、半導体産業を前進させるための目標になった。1975年、Moore氏はこの法則を「2年ごとにトランジスタが2倍になる」と修正し、さまざまな議論を経ながらも、現在に至っている。

gordon moore1

Fairchild Semiconductorの創業グループの一員だったMoore氏とNoyce氏は、1968年7月、Intel社を設立した。最初の社員はAndy Grove氏で、この3人でIntelは成功に導かれた。

Intelはもともと投資家からの250万ドルの出資でスタートし、Static RAM(SRAM)メモリーを生産していた。その後、同社はプロセッサにシフトし、1971年に最初の商業用マイクロプロセッサであるIntel4004を出荷した。その後、Intelは1978年にx86命令セットのパイオニアとして、x86アーキテクチャに基づく帝国の最初のビルディングブロックとして、今では伝説となっているIntel8086をリリースした。同社は現在もCPUに注力しており、その評価額は1,670億ドルに達している。

Moore氏は1975年まで副社長を務め、1979年にCEO兼会長に就任するまでは社長を務めていた。1987年にCEOの座を退いた。その後、1997年に名誉会長に就任するまで、会長職を務めた。2006年に退任するまで、この役職を務めた。

晩年のMoore氏は、特に環境保全、科学、患者ケアの改善などの分野で積極的に慈善活動を行った。Moore氏と75年来の妻は、Gordon and Betty Moore財団を設立し、2000年の設立以来、51億ドル以上を慈善事業に寄付している。

IntelのCEOであるPat Gelsinger氏は、「Gordon Mooreは、その洞察力とビジョンによってテクノロジー業界を定義しました。彼はトランジスタのパワーを明らかにすることに貢献し、数十年にわたり技術者や起業家にインスピレーションを与えました。私たちIntelは、ムーアの法則に感銘を受け続け、周期表がなくなるまでムーアの法則を追い求めるつもりです。ゴードンのビジョンは、私たちの真北として生き続け、テクノロジーの力を使って地球上のすべての人々の生活を向上させるのです。私のキャリアと人生の多くは、Intelの舵取りをしたGordon のリーダーシップによってもたらされた可能性の中で形作られたものであり、彼の遺産を継承する光栄と責任に身が引き締まる思いです」と述べている。

Moore氏は、1990年に国家技術勲章を、2002年には米国最高の文民栄誉である大統領自由勲章を受章している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする