NVIDIAの次世代Ada GPU 「InfinityCache」と呼ばれる巨大なL2キャッシュを搭載

masapoco
投稿日 2022年3月2日 18:30
コンピューターチップ

NVIDIA RTX 40 「Ada」GPUには、最大96MBのL2キャッシュが搭載され、Ampere RTX GPUよりも最大90MBも多くのL2キャッシュを搭載することが分かった。

これは、リークされたファイルを解析した結果発見された最新の情報となる。

データは、「Ada」GPUが64ビットメモリバスあたり16MBのキャッシュを持つ事を表しており、32ビットメモリあたり512KBのAmpereよりもはるかに多いキャッシュを持つことを示していた。

この情報によると、Ada GPUのフラグシップモデルであるコードネームAD102には96MBもの巨大なL2キャッシュが搭載されており、AD103とAD104にはそれぞれ64MB、AD106とAD107にはそれぞれ48MBと32MBのL2キャッシュが搭載される事が分かった。

https://twitter.com/xinoassassin1/status/1498850983052341249?s=20&t=hHrEzG6oTvtcFUXUMgu8rw
巨大なL2キャッシュを持つことが分かる

RTX 40GPUはRTX30 GPUよりも最大71%多いコアを持つとされている。新しいカードのクロック速度や電力要件など、まだ明確でないことがたくさんあるが、RTX 40 GPUがAmpereよりも大幅にアップグレードされることは明らかだろう。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • Apple Peek performance event
    次の記事

    Apple 3月8日に「Peek performance」イベントを開催 新製品を発表する模様

    2022年3月20日 6:01
  • 前の記事

    NVIDIAの次世代Ada GPUの仕様がリーク 最大144のストリーミングマルチプロセッサ搭載

    2022年3月2日 18:18
    nvidia-gpu-image-top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事