米国で史上初となるスペースデブリに対する罰金が科される

masapoco
投稿日
2023年10月4日 6:49
space satellite

米国政府は、軌道上にスペースデブリを放置した民間企業に対し、史上初の罰金を科した事を発表した。

米連邦通信委員会(FCC)は、人工衛星EchoStar-7を安全に軌道から離脱させなかったとして、衛星テレビ・プロバイダーのDISHに15万ドルの罰金を科した。この衛星は2002年に打ち上げられ、DISHは当初2022年5月に軌道を離脱する予定だった。しかし、衛星の燃料が尽きたため、静止軌道上空にある指定廃棄領域まで178キロ届かず、衛星を廃棄せざるを得なくなった。この領域では、衛星は地球上の1つの定点上空に留まることができる。

衛星の運用期間終了時に廃棄しなかったことは、FCCの通信法に違反すると、同委員会は月曜日(10月2日)に発表した声明の中で書いている。FCCは、「これは、衛星政策への取り組みを強化している委員会によるスペースデブリの取締りにおいて初めてのことである」と指摘している。

FCCは、地球軌道上での無責任な活動を取り締まる努力の一環として、罰金を科した。FCC執行局長のLoyaan A. Egal氏は、「衛星の運用がより一般的になり、宇宙経済が加速する中、我々は事業者がその約束を遵守していることを確認しなければならない。これは画期的な和解であり、FCCがその極めて重要なスペースデブリ規則を執行する強力な執行権限と能力を有することを明確にするものである」と、述べている。

FCCによる罰金は、手遅れになる前にスペースデブリ問題に取り組もうとする世界的な取り組みの一環である。9月12日現在、欧州宇宙機関は軌道上に10センチ以上のスペースデブリが36,000個以上あると推定している。

また、これらの宇宙ゴミに加え、軌道上の人工衛星の数は一般的に前例のないペースで増え続けている。SpaceX社だけでも、今後10年間で4万基以上のブロードバンドインターネット衛星「Starlink」を打ち上げる計画を持っている。別の衛星インターネット・プロバイダーであるOneWebは4,000基の衛星を計画しており、AmazonのKuiperプロジェクトは3,200基の衛星コンステレーションを構想している。

米国以外では、欧州連合(EU)が2027年までの稼働を目指し、衛星によるレジリエンス、相互接続性、セキュリティのためのインフラストラクチャー(IRIS²)コンステレーションの開発を計画している。また、中国の衛星通信プロジェクトGuowangは、衛星総数13,000基を目指している。

そして、これらの衛星はすべて、安全かつ適切に分離されなければ、地球を取り巻く宇宙空間に危険な状況を作り出すことになるだろう。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • worlds first artificial energy island
    次の記事

    世界初の人工エネルギー島建造プロジェクトが動き出す

    2023年10月4日 13:42
  • 前の記事

    Microsoft、「OneDrive 3.0」を発表、Officeとの更なる統合やAI機能のロードマップを共有

    2023年10月4日 6:35
    onedrive 3 teams
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

  • JAXA SLIM

    驚き!日本の月着陸船SLIM、凍てつく月の夜の後に目覚める

  • 240223 crater scaled 1

    オデュッセウス月着陸船、転倒するもデータは送信中

  • Odysseus

    米探査機オデュッセウス、月着陸で宇宙史に名を刻む

  • 12310 v 2

    H3ロケットの打ち上げが成功、日本の宇宙開発にとって重要な成果

今読まれている記事